名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

052-201-2525

Staff スタッフ紹介

萩原麻衣
Designer

萩原麻衣

Hagiwara Mai

出身地 愛知県名古屋市
血液型 A型
趣味 旅行、食べ歩き
好きな
アーティスト

【作家】→名和晃平、ティンゲリー/【 歌手】→ゆず

Q.1 アライブとの出会いと、入社までの経緯を教えてください。

アライブを知ったのは大学三年の就職活動でのこと。
大学では空間デザインや立体物のデザインなど、同じデザインでも物質的なもののデザインを学んでいて、最初はそっちの道に進もうかとも考えましたが、グラフィックデザインにも興味を持ち始めて、「デザイン会社」を調べていたところ、アライブを見つけました。

当時は東京に住んでいたので、東京での就職か地元名古屋での就職かすごく悩んでいたのですが、アライブの存在を知って、ホームページを見ていると、とても魅力的な会社で、ここに就職してみたいと思ったんです。

close

Q.2 入社の決め手となった点はどんなところですか?

その後、すぐに応募して三輪さんとの面接の機会を設けていただくことができたのですが、その時の印象は、社長と面接しているのに、それを感じさせない空気感と言いますか、とても話しやすい雰囲気だったのを覚えています。
良い意味で ”社長” といった圧迫感はなく、日頃から社員に寄り添っておられる現場主義の社長さんなんだなと、お話していて思いました。

 

それに、ザックリですが、自分の中に理想とする働く場所のイメージがあって、アライブはその理想とするイメージに近かったことも入社を決めた要因の一つですね。
オシャレで、スタッフの方々がプロフェッショナルだけど気さくで仲良くて、会社全体として仕事がしやすい環境。そんな会社を思い描いていました。
入社して思いますが、アライブってまさにそんな会社だなって!

 

社長の三輪さん自身もプロジェクトに関わって一緒に進めていたり、上司と部下の距離が近くて、意見を言いやすい環境でした。
でも、こういうデザイン会社ってなかなか無いと思います。なので、私はアライブに出会えて運が良かったなと、つくづく思います。

close

Q.3 1ヶ月のベトナム研修へ行ってみて得た学びは何ですか?

海外旅行へは何度か行ったことはありますが、1ヶ月間という期間で海外に滞在したのは、今回が初めてでした。

はじめ三輪さんから、1ヶ月ベトナムでコーディングの勉強をしに行くという話を聞いたときは、正直驚き半分、不安が半分でしたが、結果的に帰国して思うのは、行って本当に良かった!と思います。

現地について2週間ぐらいは、やっぱり環境の違いや言語の違いなどに戸惑って、少し戸惑っていた部分はありましたが、ベトナム語は話せないし、英語もほぼ話せないなか、どうにかやっていくしかない状況下で、ハングリー精神が養われたかと思います。

もともと初対面の人とあまり積極的に話せないほうなんですが、片言の英語で何とかコミュニケーションを取ろうと、身振り手振り言いたいことを相手に伝わるように表現したり、積極的に話そうという意志が芽生えました。

2週間を過ぎた頃には、現地で仲良くなった友達もできて、バイクに乗せてもらったり、日本を飛び立つ前よりもずっと、積極的にコミュニケーションがとれるようになってきました。

 

仕事をするうえで、コミュニケーション能力はとても大切な能力だと思いますので、相手に気持ちを伝える意志であったり、聞き取ろうとする姿勢であったり、海外研修を経て、技術面以外での大切な部分も、今回学べた気がします。

close

Q.4 ベトナムでの研修で、スキルアップはできましたか?

技術面でいえば、今回コーディング研修としてベトナムに渡りましたので、現地では基本コーディングを学んでいました。
最初にもお話したとおり、私は空間デザインを大学で学んでいたので、コーディングとは全く無関係。
なので、当然コードも全く分かりませんし、コーディングって何?というぐらいのレベルではあったのですが、ベトナムに行って、日本人のプログラマーの方に基礎からじっくり教えていただき、レッスンの動画を見ては実践し、少しずつではありますが、コーディングができるようになりました。

 

デザインをするうえでも、ホームページの骨組部分であるコードの仕組みを知っているか知らないかでは、つくり方が大きく変わってきますし、ベトナムと日本で作業を分割しているからこそ、デザイナーもきちんとコーディングを学んで、簡単な修正であれば自分で直せるぐらいの技術力を持たないと、円滑に仕事ができないんだと、ベトナムでコーディングを学びながら思いました。

 

ですから、ベトナムでコーディングを学んで、実際にデザインをすると、行く前と意識する点などが全然違って、自分自身の成長も感じられました。
ゼロからのスタートではありましたが、ちゃんと仕組みを理解して、自分でもコードが書けるようになれたことは、とても嬉しいですね。

close

Q.5 帰国後、日本のオフィスでの仕事がスタートしたときはどうでしたか?

入社したばかりの時は、まだまだわからないことばかりでしたので、通勤時間などを使って勉強したり、独自でスキルアップできるよう努力していました。毎日チームの皆さんに細かな指導を頂いたり、独学レベルじゃなくてプロとしての技術を教わったりしているので、現場で技術を学べるアライブの環境としてはとても良いと感じました。

これまで自分のペースで勉強してきたデザイン技術も、実はこんなやり方があったんだ!と気付かされることもたくさんありますし、効率の良い仕事の仕方など、長年現場でバリバリ働かれてきた先輩方のご指導は、本当に為になります。

お客様の問題解決に役立てるデザイナーとして、今後は更に上を目指して努力をしていきたいと思います。

close

Q.6 萩原さんの思うアライブの魅力とは何ですか?

アライブで働く一員として思う会社の魅力は、働き心地の良さですね。
他社で働く同期などに話を聞くと、だいたいが「仕事行きたくない」だとか「もう辞めたい」など、会社の愚痴が大半なのですが、アライブに関してはそうした不満はなく、活き活きと働ける環境だと感じています。

仕事に関する勉強も、やらされているわけではなくて、自ら勉強しようと思える社風であったり、スタッフの年齢も近いことから、コミュニケーションがしやすかったりと、あらゆる点においてアライブは働き心地が良いと思います。

 

それに、アライブは代理店と違ってお客様との距離も近いので、制作物に対する感想や効果がダイレクトに伝わってくるということもあり、より心を込めて制作に励めるという所が魅力ではないでしょうか。
私の場合、まだ直接お客様に接する機会がないので、実感としてはまだありませんが、そうしたお客様に寄り添った仕事のスタイルっていうのは、素晴らしいと思います。

close

Q.7 最後に、萩原さんの現在の目標を教えてください。

そうですね、せっかく恵まれた環境で働くことができているので、1日1日を無駄にすることがないよう、一歩一歩確実に成長して行きたいと思います。
先輩デザイナーにアライブメソッッドを教えていただきながら、言わずともクライアントの本質的な悩みを汲み取ることができる、そんなデザイナーになれたらと思っています。

 
close
© ALIVE Co.,Ltd.