名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

052-201-2525

Staff スタッフ紹介

樋口 晋之介
Web Marketer

樋口 晋之介

Shinnosuke Higuchi

出身地 岐阜県揖斐郡池田町
血液型 O型
趣味 絵画鑑賞、動画編集、画像編集、読書
好きな
アーティスト

Linkin Park、Aerosmith、Brian Setzer、Coldplay、Pitbull、Jennifer Lopez

Q.1 現在のポジションを教えて下さい。

現在僕はWebマーケターとして、成果が最大化になるようお客様の広告運用や改善案の提案、アクセス解析などを行っています。
 
僕たちの仕事は数値として明確に結果を知ることができるので、自分たちが提案した改善案で、実際に効果が上がったりすると、すごく嬉しいですね。この瞬間が一番やりがいを感じます。
close

Q.2 アライブとの出逢いについて教えて下さい

高校2年生の後半に、大学へ進学するか、就職するかを悩んでいたころ、母親が仕事の関係で三輪さんと知合いだったこともあり、アライブを紹介してくれました。どんな会社かは、母親からある程度聞いてはいましたが、一度実際に会社を見てみたいと思い、高3の3月に母親とアライブに訪れたのが始まりです。
 
そこで、実際に会社を見学させて頂き、三輪さんともお話をして、インターンとして5日間実際の業務に携わってみない?とお誘いをいただきました。そうした経緯で、アライブに5日間インターンでお世話になり、川口さんからコーディングについて教えていただきながら、実際の仕事のお手伝いをさせていただきました。
 
それまでは進学志望が強かったのですが、インターンを経験してみて、「大学に行くのが果たして本当に良い選択なのだろうか?」「自分は社会に出て、実務経験を積んだ方が良いのではないか」と思いはじめ、気持ちは就職する方向へ動いて行きました。
close

Q.3 GoogleAdwords認定資格を持つ樋口さんですが、元々パソコンが得意だったのですか?

そうですね、保育園の頃からパソコンを触っていて、ずっとパソコンが身近にあったので、得意というか、趣味みたいなものですね。
 
ITにはそこまで詳しくない母親ですが、マーケティングなどを行う仕事をしていたので、これから先の将来を考えて、ITの知識と技術は先々役に立つだろうと、買い与えてくれたのが、ITに興味を持ったきっかけですね。
 
そうして、幼い頃からパソコンを触っていたおかげで、周りよりもパソコンに関する知識はある方だと思います。独自で勉強して、コーディングやシステム構築なども、ある程度触れるぐらいのスキルは持っているかと。
 
GoogleAdwords認定資格を取得したのは、インターンを終えてからの話しで、きっかけは、三輪さんに「こういう資格があるよ」と教えてもらったのがきっかけでした。それまで、特に資格にはあまり興味がなく、資格という資格は持っていませんでした。
 
しかし、三輪さんがGoogleAdwords認定資格のことを教えてくれて、この資格が入社条件にしようかな?みたいなことを言っていたので、実務経験のない僕でしたが、独自で勉強して、見事「初級」と「上級(2種類)」の計3つの資格に合格することができました。そして、アライブで2人目の認定資格取得者になりました。
 
GoogleAdwords認定資格とは、リスティング広告の運用の基礎知識や考え方など、基本的にはリスティング広告のプロフェッショナルとしての知識を持つ人に与えられる資格で、一般世間では、比較的難しいとされている資格です。実務経験のある人ならまだ、受かりやすいとは言われているものの、やはりしっかりと勉強しないと受からない資格なので、大変でしたね。
 
でも、三輪さんの一言をきっかけに、自分のスキルに自信が持てる資格取得にチャレンジできたことは、僕にとって大きな一歩だったと思います。
close

Q.4 日頃、そうした知識やスキルをアップするために何かされているのですか?

特別なことはしていませんが、SEOやリスティング広告に関する書籍を買って、休みの日であったり、帰宅後の空いている時間など、日頃から知識を得るようにはしています。この業界は移り変わりが激しいため、常に情報収集は欠かせませんね。
 
あとは、国内だけではなく、海外の情報サイトなどにも目を通すなど、幅広く情報収集するよう心掛けているところはありますね。翻訳サイトなどを上手く使って理解しながら、海外での動きや気になる情報を見たりしています。
 
社内でも、チームのリーダーでもある高杉さんや、SEOに関する知識が豊富な川口さんなどと、情報を共有しながら、お互いに知識を高め合ったりもしています。
 
これまでは、身の回りにITの話ができる人がいなかったので、今こうして、同じフィールドの話ができる相手がいることは、とても刺激になりますし、僕自身も成長することができるので、非常に良い環境だと思います。
close

Q.5 アライブでの仕事を通じて、どんなことを学びましたか?

アライブの社風的にもそうですが、目の前のお客様はもちろん、その先のお客さまのことを考えて仕事をする大切さを、アライブで学びました。一般企業ではきっと、クライアントからの仕事が何人もの担当者を経て、下に降りて来るので、実際に作業するスタッフは、あまりクライアントのことを意識せずに作業することが多いのではないかと思います。
 
しかし、アライブは違って、お客様と密接に関わりながら、全ての担当部署がお客様に近い立場で仕事しているので、見えない先のお客様にも思いやりを持って仕事する心が芽生える環境にあります。
 
僕たちの業務は、仕事の性質上、数字に目を取られがちになりますが、ふとした時、本来の目的から外れていないかを考え、お客様に最善のご提案ができるように務めていきたいと考えています。
close

Q.6 アライブに入社して良かったと感じる瞬間は?

人に恵まれた環境だなと思う瞬間ですね。チームの人柄がとにかく良くて、みんな気さくで明るく、思いやりのある人ばかり。もちろん、仕事のパートナーとして、しっかり業務をこなしますが、普段の会話ややり取りなど、心を開いて話せる相手ばかりなので、そうした職場環境であることに、良かったと感じます。

close

Q.7 これから、どんなことにチャレンジしていきたいですか?

現在は運用面でのサポートをメインに業務を行っていますが、いずれは、もっとデータの集計など、システムの知識を活かして自動化できる物は徹底的に自動化していきたいです。

なるべく現在の業務の時間を短縮して、考える時間を増やすなど、効率よく仕事を行える環境づくりを行って行きたいですね。

close
© ALIVE Co.,Ltd.