名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

052-201-2525

Staff スタッフ紹介

倉橋 漠
Web marketer

倉橋 漠

Kurahashi Baku

出身地 愛知県名古屋市
血液型 O型
趣味 アニメーション(アメリカ/日本、個人制作/TV、2D/3DCG) ゲーム(アメリカのインディーゲーム) 散歩
好きな
アーティスト

Bibio、BUMP OF CHICKEN、The Black Keys、sasakure.UK、安藤浩和、石川淳、米津玄師

Q.1 現在はどのようなお仕事をされていますか?

僕は現在、SEO・SEMチームのメンバーとして、お客様の広告出稿や、解析レポート、その他SEO対策に携わる業務を行っています。

 

まだ、入社して間もないので、今はまだ先輩や社長である三輪さんから、技術やノウハウを教わっている段階です。

 

解析レポートも、どのような切り口でどんな予測を立てていくか、またそこから改善策などを見出していく力などを日々勉強していますが、チームリーダーの高杉さんはもちろん、社長である三輪さんが自ら僕の横で教育を行ってくれて、基礎知識をはじめとしたスキル、応用的な考え方やテクニックなど、実際の案件を一緒に手掛けながら、詳しく教えてくださるので、とても感謝しています。

 

新入社員にここまで寄り添って、現場で部下へ直々にサポートしてくれる社長は、なかなか居ないと思います。

 

僕はアライブが初めての就職先なので、他の会社のことはわかりませんが、多分社長自らが実務を教えてくださる会社は、すごく珍しいと思います。

close

Q.2 入社までの経緯を教えてください。

入社前は、シアトルに高校から大学、その後1年間のインターンと、計7年間ほど留学しておりました。

 

帰国後、日本での就職活動をスタートし、デザイン事務所かWEBデザインの会社に的を絞って探している中で、アライブに出会いました。

僕が就職活動を行っていた時期が悪かったこともあって、いくつか企業に履歴書を送りましたが反応はなく、唯一声を掛けてくれたのがアライブでした。

 

実際にお話をさせて頂く機会をいただき、アライブの仕事の考え方や、お客様に対する想いや実務の話など、様々なお話を伺うなかで、この会社なら、スキルも人間力も学んでいけるのではと思い、「まずはインターンでもいいので、職場を体験させていただけないでしょうか?」とお願いたところ、OKをいただくことができました。
そして、インターンとしてお手伝いさせていただくことになりました。

 

そして、2014年 3月にインターンを開始。
インターン期間中は、川口さんからコーディングの基礎を教わり、その2ヶ月後の5月から、アルバイトとして働かせていただくようになり、CMSの入力や、更新作業など、実際の業務のお手伝いをさせていただきました。

 

そして、数ヶ月間のアルバイト期間の末、面接を行い、晴れて正社員として採用頂くこととなったという経緯です。

close

Q.3 留学先のシアトルでもインターンを行っていたとのことですが、どんな会社で何をされていたのですか?

大学を卒業後、1年間フリーペーパーを発行している会社にインターンしていました。

 

そこでは、シアトルに住むアジアに興味があるアメリカ人向けのフリーペーパーを発行していて、僕はその中の広告枠のデザインを手掛けさせていただいたり、雑誌の一番最後の編集後記の似顔絵を描かせて貰いました。

 

フリーペーパーに広告を掲載したいお客様からの依頼を受けて、それをカタチにしていく。そのような作業を行っていました。

 

日本とアメリカでは、モノの見方や感覚も違うので、海外の企業でインターンを経験できたのは、自分の経験値として良かったと思います。

close

Q.4 アライブの一員となり、やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

知識の面でも、技術の面でも、全てにおいて勉強段階の駆け出しで、まだまだ未熟なので、お客様から直接反応をもらえることは少ないけれど、その中で一番お客様の目線に近いであろう三輪さんや、チームリーダーの高杉さんから、『OK!これで行こう!』と、GOサインをもらえたときは、すごく嬉しいですね!

 

業界での経験が豊富であるお二人ですから、きっと成功パターンなども熟知されているはず。そのお二人からOKが頂けることは、どんな褒め言葉よりも嬉しいことですね。自信に繋がります。

close

Q.5 倉橋君が思う、アライブの魅力とはなんでしょうか?

そうですね、前のお話でも触れていますが、やはり直属の上司をはじめ、社長である三輪さん自らが、新入社員の僕にしっかり寄り添って、すごく丁寧に指導を行ってくれる姿勢は、本当にありがたいですね。

 

教え方もとても分かりやすく、それに話しやすい空気感を作ってくれるので、僕もわからない点をうやむやにせず、しっかり聞くことができるので助かっています。

 

広告の作り方なども、”ただ見やすい” ”ただ目立つ”などではなくて、お客様の心理を深読みした、戦略的な見せ方などを伝授してくれるので、戦略的な目線を持って、モノづくりをするというクセ付けが、自然とできている気がします。

 

社長や上司との距離が近いので、自分の意見や考えがきちんと伝わりますし、チームとしての連携が取りやすいので、仕事も円滑に進めることができます。

close

Q.6 今学んでいる知識を踏まえて、今後はどのように活躍していきたいですか?

実を言うと、もともとはデザイナー志望でして、追々はデザイナーとしてお仕事に携わりたいと考えているのですが、はじめの三輪さんとの話の中で、まずは1年間SEO・SEMチームで学んでからデザイナーになる約束をしたんです。

 

でも、よくよく考えると、このステップを踏むことはとても利にかなっていて、SEOや広告の知識は、デザインをする上でも、より結果にフォーカスしたデザインができるようになるために必要な要素なんですよね。

 

いきなりデザイナーとしてデザインのみを学ぶよりも、SEOや広告の知識を知っているだけで、効果を上げるための視点でデザインできますし、カッコ良さや、見た目の良さだけで終わらないデザイナーになれるので、一見、自分がやりたいこと全く違うジャンルの仕事をしているようですが、大きな目線で見てみると、今後アライブにとって戦力となるデザイナーになる礎を築くステップの一部なんだなと思います。

 

現在のポジションで、しっかり専門知識を深めて、いずれデザイナーになったとき、他には無い付加価値を持ったデザインができるような人材になれればと思います。

close

Q.7 最後に、今後の目標や目指す姿を教えてください。

今はまだ、お客様と実際にやり取りすることも少なく、お客様の目標に対して、貢献できている実感を肌で感じられることは少ないのですが、今後はもっと、お客様と結果に寄り添って、双方で喜びを感じ合えるようになっていければと思います。

 

そのために、もっと上司やチームのスタッフと密なやり取りをし、わからないことはしっかり聞いて、インプットしていこうと思います。

close
© ALIVE Co.,Ltd.