名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

052-201-2525

Staff スタッフ紹介

森田 皓子
Designer

森田 皓子

Kouko Morita

出身地 愛知県名古屋市
血液型 AB型
趣味 服/音楽
好きな
アーティスト

サニーデイサービス

Q.1 アライブとの出会いについて教えてください

アライブに入社する前、大阪でグラフィックデザイナーをしていまして、転職しようと思い、名古屋に戻るか、大阪に止まるか、それぞれの土地で転職先をさがしているとき、インターネットでアライブの存在を知り、おもしろそうな会社だと思って、一度話を聞いてみようと、応募したのが出会いのきっかけです。

 

実際にお話を聞かせていただいて、その段階ではまだ検討段階だったのですが、社長である三輪さんから、「うちに来てくれるんだよね!?」みたいなことを言われまして、勢いで「あ!ハイ!!」って言ってしまい、今に至ります(笑)

 

でも、話を聞いてアライブは本当に良い会社だと感じていたので、恐らく三輪さんからの言葉がなかったとしても、きっとアライブに入社を決めていたと思います。

今となっては、とっさに「ハイ!!」と答えて良かったと思います。

close

Q.2 大阪でデザイナーをされていた時代は、どんなデザインを手掛けていたのですか?

大阪でデザイナーをしていた時は、不動産会社と提携した広告代理店に勤めていて、タワーマンションの新聞折込みチラシやパンフレット、その他マンションに特化した紙媒体のデザインをしていました。

 

広告代理店なので、アライブのように直接お客様から仕事を請け負うのではなく、間に代理店が入って、代理店がスケジュール管理やその他諸々管理していたので、私たちデザイナーは、依頼されたデザインを、ただ黙々と作る。そんな仕事でした。

 

もともと音楽やファッションが好きだった私は、デザイナーとして、もっと幅広い表現力をもっていろんなデザインに挑戦してみたいという気持ちがあり、もっと自分の引き出しを増やすという意味で、転職を決めたんですよ。

 

その点、アライブは飲食から不動産や住宅、音楽関連やエステ美容など、とても幅広いジャンルのデザインを手掛けていて、今まで携わったことのない、全く新しいジャンルの仕事をさせていただいているので、大変な反面、新鮮で学びも豊富ですね。以前の職場とは180度違った環境です。

close

Q.3 アライブでWEBデザイナーとして働くようになって、ご自身に変化はありましたか?

今までWEBサイトを何となく見ていた自分が、アライブで働くようになってから、サイトの導線や、動きや、写真の使い方など、今までスルーしていた部分を注意深く見るようになりましたね。

 

普段も、空き時間にデザイン本を見たり、参考サイトのまとめを見たりして、WEBデザインの引き出しを増やしているんですが、紙媒体ばかりやっていた頃の自分と比較すると、WEBサイトを見る目が全く変わったと思います。

 

どうしてそのような所にも目が配れるようになったかというと、アライブには”自ら学ぶ文化”が根付いているというか、皆さんとても努力家の方が多くて、セミナーへ参加したり、休み時間に参考サイトを見ていたりと、周りの皆さんが常にそうして、スキルアップする努力をされているので、自然と私も、学ぶクセが付いていたのかもしれませんね?

 

自ら学ぶことって、簡単なことではないですし、しんどいと感じてしまうと思うんです。

でも、やらされているのではなくて、自分から進んで力を身につけなくちゃなって思えるのが、アライブなんです。

 

close

Q.4 デザインをしていて、難しいと感じる点は?また、楽しいと思う瞬間はなんですか?

これまでもデザイナーとして働いていたので、デザインの基礎な身に付いてみるものとおもっていたんですが、紙媒体とWEBデザインでは、全く別物で、今まであたりまえにやってきたデザインが、WEBでは根本的につくり方も考え方も違っていたので、一気にスタートラインに戻った感じですね。ゼロベースからスタートでした。

 

なので、文字のレイアウトや間隔、ボタンのデザインひとつとっても、どう作ったら見る人にとって使いやすいか?見やすいか?など、見せ方表現のしかた全般に、まだまだ勉強中です。

 

でも、紙媒体との差を感じられたことで、WEBデザインの魅力や奥深さ、表現方法の幅広さを理解することができたので、今後の活かしていけそうです。

close

Q.5 アライブの環境で、どんなことを学びましたか?

以前は、デザイナーという職業は、ただデザインをしていればいいものだと思っていましたが、アライブに来て、デザイナーはデザインだけしていてはダメなんだということに気付かされました。

 

というのも、最初に配属されたチームでは、丹羽さんもデザイナーでありながら、他のデザイナーが仕事をしやすいようにスケジュール管理を行い、お客様の要望などを踏まえた、細かな指示を行ったりと、デザインをする以上の動きをしてくださっていたのを見て、こうしたマルチな働き方をしないと、本当の意味でお客様に喜んでいただくモノづくりはできないんだな!そう思ったんです。

 

それぞれのデザイナーが、ただ黙々と自己満足でデザインして、スケジュール管理はノータッチ、ただ言われたものを作るような動きをしていたら、きっと、お客様に不満を与えてしまうことでしょう…。

アライブは、全てのスタッフがマーケティングの知識を持ち、意識して仕事する社風なので、誰一人”作業者”のような働き方をしているスタッフはいません。

そうした環境で働かせていただいて、デザインスキル以上に大切な心得を学んだ気がします。

close

Q.6 森田さんが思う、アライブの魅力とはなんですか?

先ほどの話にも通じるかもしれませんが、アライブはポジティブな意味で「もっと学ばなくちゃ!」と思わせてくれる環境ですね。
技術面でもそうですし、考え方や社会人としての心得など、勉強しなくてはいけないなと感じることが、日々の業務で多々あります。

 

それは強制ではなくて、自発的に学ばなくてはと感じることなので、自らが率先して向上していけるというところが、大切かと思います。

自分から率先して何かを吸収することは、とてもエネルギーのいることなので、こうした環境で自然と学べる自分に変化していかるのは、アライブの大きな魅力ではないでしょうか?

 

あと、アライブは女性スタッフが多く、年齢も近い方がたくさんいるので、仲がいいですね!気さくに話せる仕事仲間がいるのは嬉しいです。

仕事で息詰ったときとか、デザインで迷ったときなど、相談できる相手が周りにいてくれる安心感もありますし、一緒にランチに行ったりして、息抜きできる同僚の存在は大きいですね!

楽しい職場環境は、働く側としてすごく重要なので、その点アライブは良いと思います。

close

Q.7 今後、どんなスキルを磨いていきたいですか?

デザインのスキルはもちろんなんですが、やはり紙媒体出身の私は、まだまだWEBに関する知識が少ないので、もっとWEBに関する基礎知識を深めていきたいです。

もっとWEBの理解を深めて、知識を習得したうえで、総合的に結果を出せるデザインを手掛けていけるように、スキルを磨いていきたいと思っています。

close
© ALIVE Co.,Ltd.