名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングオートメーション

052-201-2525

CRM、マーケティングオートメーション

自動的に成約へと導くマーケティングオートメーションを
導入しませんか?

「資料請求や問い合わせに結びつけることができても成約へと繋げることができない」「販促チームと営業チームの連携が上手くいかない」「見込み客がどんな内容に興味あるのか分からない」「見込み客に適切な時期に適切なアクションを行いたい」など、問い合わせを増やすだけでは売上増に結びつけるのが難しい、もっと詳細なマーケティングを行いたい、自動的に見込み客を育てていきたいなどのワンランク上のWebマーケティングを考えている方にはマーケティングオートメーションが最適です。マーケティングオートメーションは、現状の御社のWebマーケティングの課題を解決します。

マーケティングオートメーションとCRMの連携は、営業と販促を効率化させていきます。

マーケティングオートメーションとCRM(カスタマーリレーションシップマーケティング)の連携は、営業と販促がバラバラだったものが融合され、効率化へと導きます。見込み客の情報を一元管理し、見込み客が何に興味を持っているかも把握できるため、より多くの情報を営業チームに渡すことができ、効率化された営業をすることでスムーズに成約へ結びつけることが可能です。

サイト閲覧者を見込み客に自動的にファン化

Webサイトに訪れた閲覧者が、Webサイトを閲覧している間に自動的にファン化していく仕掛けをマーケティングオートメーションは作っていくことが可能です。ちょうど良いタイミングでメルマガを自動的に配信したり、興味を持っている分野を集中して表示させたり、動的に閲覧者にアプローチを仕掛けていくことで閲覧者が見込み客に上がっていくことを効率的におこなうことができます。

見込み客の行動を可視化

見込み客が問い合わせしてくる前にはどのようなページを見ていたかを解析してみたいと思いませんか?マーケティングオートメーションではそれが可能です。さらに、問い合わせした後もWebサイトに戻ってきてどのページを見ているのかも解析可能です。他にもメルマガの開封もチェックすることができ、見込み客の行動を可視化することで、見込み客のより深い情報やアプローチするベストのタイミングを把握することができます。

ワンランク上のWebマーケティングを実現

今までは、どこからアクセスが来たのか、どのキーワードが問い合わせに結びついたのかなど、アバウトな解析しかできませんでした。また、問い合わせ後の見込み客情報も営業するためには質の低いものでした。マーケティングオートメーションを導入すれば、見込み客の行動を可視化し、見込み客を自動的にステップアップさせ、営業する際により多くの情報を得ることで、成約へ確実に結びつくWebマーケティングを実行していくことが可能です。

マーケティングオートメーションはCRMと連携することでさらに効果的に。

マーケティングオートメーションは、顧客(見込み客)管理情報と連携させていくことで、より営業に結びついたマーケティング活動を行うことが可能です。問い合わせなどをしてこない顧客でも、どの顧客が定期的にメルマガを読んでいるのか、Webサイトに訪問しているのかも把握することができ、潜在的な見込み客を素早く見つけ、効率的に営業していくことが可能となります。

マーケティングオートメーションに興味がある方は、
弊社にお問合せください。

マーケティングオートメーションは、顧客(見込み客)管理情報と連携させていくことで、より営業に結びついたマーケティング活動を行うことが可能です。問い合わせなどをしてこない顧客でも、どの顧客が定期的にメルマガを読んでいるのか、Webサイトに訪問しているのかも把握することができ、潜在的な見込み客を素早く見つけ、効率的に営業していくことが可能となります。

© ALIVE Co.,Ltd.