川口 満 | 全日本SEO協会公認コンサルタント&マークアップエンジニア | 名古屋のホームページ制作、デザイン制作の「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

名古屋のコワーキングスペース、WEB制作・デザイン会社 アライブ株式会社

ALIVE design marketing
TOP > スタッフ紹介 > 川口 満

スタッフ紹介 staff

川口 満

SEOconsultant&Markup engineer

全日本SEO協会公認コンサルタント&マークアップエンジニア

Kawaguchi Mituru

川口 満

出身地

愛知県小牧市

血液型

A型

趣味

映画、音楽、読書、歴史、お笑い、口笛、格闘技、旅、野球、釣り、生物、深夜徘徊、怪奇猟奇、ハーレー…etc

好きなアーティスト

映画:ジャームッシュ、リンチ、山田洋次、北野武、ヤン・イクチュン…etc 音楽:Tom Waits、SION、早川義夫、Melvins、SunRa…etc 読書:宮城谷昌光、江戸川乱歩、横山光輝、ロバート・ハリス、N.Geographic、月刊ムー…etc  歴史:大谷吉継、島左近、松平忠輝、鳥居強右衛門、工藤俊作…etc お笑い:マンションズ、サードメン、ホロッコ、お~い!久馬、森木俊介…etc 口笛レパートリー:思い出のアルバム、仰げば尊し、卒業写真、悲しい色やね、喝采…etc

Q1、まず、川口さんのお仕事内容について教えてください。

 

僕が手掛けている仕事は、いろんな分野に関わっているので説明するのはすごく難しいところなんですけど、ざっくり大まかに分けるとしたら、こんな感じのことを主に行っています。

 

・アライブの全案件のプログラムエンジニア兼コーダー
・サーバ関連のベトナム支社と日本の本社を繋ぐパイプ役、受け皿
・コワーキングスペースの運営管理や広報的な業務
・ECサイトの構築、運営サポートなど諸々
・ドメイン移管やアカウント作成などサーバに関する諸々全般
・社内環境やインフラ整備、用務員のおじさん的存在

 

基本的にデザイナーではなく、コーディングやサーバ関連、SEO対策など、サイトを構築するうえでの裏側の業務をメインとしながら、別事業として行っているコワーキングスペースの運営から管理など、接客業務も行っています。

 

以前アパレル事業でWEB担当だった流れから、サイトの構築、SEO対策など、WEBに関する知識の幅を広げて行くうちに、サイトの裏側全般を管理する立場となりました。

 

もともと、1つの物事を掘り下げていくことは嫌いではないので、「なぜそうなるのか」「どうしたら結果がでるのか」本など読みまくって調べては実践して、トライ&エラーを繰り返すことはさほど苦ではありませんでした。
まぁWEBの知識は難しいジャンルではあるので、かなり頭を使いますが・・・(苦笑)

そんな感じて、コーディングからWEBマーケティング、SEOやシステム関連まで、幅広いジャンルで知識を深めた結果、現在のようにサイトの裏側全般に携わる担当者になったという流れです。

 

現在、僕の仕事で半分ぐらいの割合を占めているのが、サーバ関連の業務なのですが、現在アライブでは、国内でクオリティーの高いデザインを行い、コーディングはベトナムのスタッフが行うという流れを取っています。
その際のデータのやり取りやサイトの構築に必要不可欠なサーバの設定や取得を、僕が行っています。
つまり、ベトナムと日本で円滑にサイト構築が行えるよう、パイプ役となって土台を支えているような感じですね。
現在は主にベトナムでコーディングを行っていますが、以前は僕がメインで全案件のコーディングを行っていましたから、デザインからコーディング、公開までの一連の流れを理解していることもあり、サーバ関連は主に僕が担当しています。

 

それと、ここ1年程はコワーキングスペース事業の担当者にもなり、コワーキングスペースの運営上の管理や、主催セミナーの告知や広報活動、スペースの環境整備なども並行して行なっています。
こちらは接客業となるので、スペースをご利用になるお客様が心地よい時間を過ごせるよう、気軽にコーヒーが飲めるスペースを充実させたり、オシャレな雑誌を毎号欠かさず用意しておくなど、ご利用される方にリピートして頂けるスペースづくりに努めています。

 

 

 

Q2、すごくマルチは働き方をされていますが、それだけの仕事をこなすコツってあるんですか?

 

確かに、他のスタッフと違って、やっていることの幅が違うというか、システム関連に限らず、その他のジャンルも兼任しているという点においては、確かにマルチかもしれませんね(笑)

 

多ジャンルの仕事をこなすコツで言えば、「自分は○○担当」という考えに捕らわれないことでしょうか。
自分の担当が明確であればあるほど、自分の担当意外の仕事に対する拒否反応が出てしまうものです。
僕としては、1つのジャンルの専門家になるのもいいけど、多ジャンルの事柄に応じれるマルチな人間でありたいと考えているので、あまり自分の役職とか、担当が何なのかとかに捕らわれず、自分ができることは何なのか?会社が僕に求めることは何なのか?を考えて仕事するようにしています。

何でも、いろんな知識は持っておいて損はしませんからね。
人生で学べることは学べるうちに学んでおきましょう。そんな考えで日々過ごしてます。

実務的な面で言えば、やはり徹底的に情報収集と勉強するということ。
SEOなんて特にそうですが、WEB業界って日々状況の変化が激しいので、その時良いとされていた施策であっても、すぐにまた別の対策が必要になったりと、イタチごっこなんですよね。
ですから、常に情報収集し、本を読むなど知識を増やして、その時々に合った施策や対策を迅速に行えるようになるのが、サイトの裏側を触る人間に求められる能力だと僕は思います。

 

なので、コツは何かと聞かれると答えが難しいですが、仕事は畑作りと同じですから、しっかりと知識の土壌を耕して、情報という肥料をたっぷり与えて、少しずつ少しずつ、自分の畑の幅を広げていくことが、上手に仕事をこなすコツなんじゃないでしょうか。

 

 

 

Q3、勉強熱心な川口さんですが、これまでの経歴について教えてもらえますか?

 

アライブに入社する前、実は全く別の業界で働いていたんですよ。
以前は設計会社に勤めており、ビルの設計などを手掛けていました。
数年その設計会社で勤務して、その後、ふらっと旅をしたくなり小笠原へ。
当初1週間の予定で出掛けたんですけど、あまりの居心地の良さに1ヶ月に延長(笑)
すっかり島の暮らしにも慣れてきたところで、本島へ戻ってきました。

その頃、音楽イベントでアライブの代表である三輪さんと出逢い、当時まだ立ち上げたばかりのアパレル事業を手伝ってくれないかと、電話を貰ったのが今に至るきっかけでした。
当時まだアライブも立ち上げて間もない時期でしたので、三輪さんと知り合ってからでいうと、もうかれこれ10年以上の付き合いになります。
そして、アパレルブランドのWEB担当者として、ECサイトの運営、マーケティング、その他全般に行い、SEOもECサイトの運営をきっかけに勉強しはじめました。
そして2011年、見事「全日本SEO協会公認コンサルタント」に合格。
現在アライブの公式ホームページで「SEOブログ」も執筆中です。
http://alive-web.co.jp/seo/

 

アパレル事業から現在のWEB事業へ移り、当時の知識と経験を活かせるコーディング部門へ。
そこでは、ただデザイナーが作ったデザインをコーディングするだけでなく、今まで身につけて来た知識を元に、キーワード検索で上位に上げるための施策も踏まえてサイトを組み立てるなど、アライブの強みであるSEOに強いサイト制作の土台作りを、その当時からコツコツ行っていました。
そんな流れで、アライブのコーディングをはじめとしたサイトの裏側担当となり、今に至ります。

小笠原から帰ってきて、三輪さんとの出会いが、僕の人生で大きなターニングポイントだったかもしれませんね。
偶然か必然か・・・いやはや

 

 

 

Q4、裏の立役者のような川口さんですが、今後はどのように会社へ貢献していきたいですか?

 

今もそうですけど、技術面でもっと会社へ貢献していきたいと考えているのと、社内の目の行き渡らないところに目を向けて、よりみんなが働きやすい環境づくりに貢献していきたいですね。
会社が大きくなればなるほど、上司の想いや気持ちが下のスタッフに届きづらくなったり、その逆で、上司が部下の気持ちを拾いきれなかったりするものなので、僕はその受け皿となって、みんなが働きやすい環境を作って行きたいなと。

それに、仕事の面においても、それぞれが抱えきれない仕事ってどうしても出てくると思うんです。
そうした溢れてしまった仕事や、誰も手を付けたがらない難しいジャンルなどは、率先して僕がやろうと、心掛けています。

そのような考えに至ったのは、ある人の話にとても感銘を受けたからです。
僕個人の知合いでもあり、三輪さんとの共通の友人でもあるんですが、とある経営者の方と仕事について語っていたとき、「働きやすい会社って、下の子ができない仕事を、上の人間がいかに気付いて拾ってあげられるかが大事なんじゃないかな。

「会社は社員の手で支えられてるんだから、上が率先して汚れ仕事を受けないと…」
内容は正確では無いかもしれないですが、こんなようなことを話したと思います。
その時聞いた言葉がとても胸に響いて、この人のような働き方ができたら素敵なだな〜と思いましてね。

役職とか立場とかは関係なく、僕はみんなが働きやすい環境になるよう動こう。そう思いました。
それが掃除なのか、技術の相談窓口なのか、何なのかはさておき、どんなことでも、みんなの役に立とうと。

時にはスタッフをご飯に誘って、仕事の悩みを聞いてみたり、技術的なことで聞かれたことを、もっと深堀して勉強してみたり、自分にできることとりあえずトライしよう、そう思っています。
僕は矢面に立つほうではありませんが、こうしてみんなが楽しく仕事できるようアシストできる存在でありたいと願っています。

 

 

 

Q5、最後に、川口さんにとって、アライブとはどんな存在でしょうか?

 

アライブとはもう10年以上の付き合いになりますから、創業当初から今に至るまで、自分の新しい分野を開拓し成長させてもらった場所ですかね。
今こうして、WEBの幅広い知識を得られたのも、アライブのおかげですし、いろんなジャンルの経営者の方々とお話しする機会も、アライブあってのことです。
受ける仕事のジャンルも様々ですから、その業界のこともよく知れたりと、僕にとってアライブは、知識と教養を深めるきっかけを与えてくれる存在だと思います。

きっと、一般企業で縦社会に揉まれながら、言われた仕事のみをこなしていたら、”会社を良くするには?”なんて大きな目線で会社のために何かしようなんて考えにいたらなかったと思います。
良い意味で、自由で壁も天井もない会社だからこそ、自分が伸ばせる力を突き詰められるし、自分の畑を自由に耕すことができるんです。

以前三輪さんが、会社づくりは村づくりなんてことを言っていましたが、まさにその通りで、村人である社員がいかに暮らしやすい村をつくっていくか、村人が飢餓に苦しまないように、災害にどう備えておくか。
村人である僕も率先して考え、村長である三輪さんの足元を支えられる存在でいたいです。

採用情報

NAGOYA head office
〒460-0003
名古屋市中区錦1-15-8 2F
TEL:052-201-2525
FAX:052-201-1600

ALIVE VIETNAM
Unit305 Citilight Building,45 Vo Thi Sau,Da Kao Ward,District1,HCMC
Vietnam

San Francisco office
665 Third St. Suite 536 San Francisco, CA 94107

Copyright ©名古屋のホームページ制作・デザイン制作ならアライブ株式会社. All Rights Reserved.

販促・デザインでお悩みご検討の企業様はお気軽にご連絡ください。
ホームページの新規制作やリニューアルで
圧倒的な成果を実現したい企業様は
迷わず当社にご相談ください。
他社より高い制作費だとしても
見込み客のニーズにフォーカスした内容のホーム
ページとSEO対策、ネット広告の融合で
アクセスと問い合わせの増加を実現します。

お問い合わせやご相談はこちら

お電話の方はこちら メールの方はこちら

Copyright ©
名古屋のホームページ制作・デザイン制作ならアライブ株式会社.
All Rights Reserved.