三林 真希 | デザイナー | 名古屋のホームページ制作、デザイン制作の「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

名古屋のコワーキングスペース、WEB制作・デザイン会社 アライブ株式会社

ALIVE design marketing
TOP > スタッフ紹介 > 三林 真希

スタッフ紹介 staff

三林 真希

Designer

デザイナー

Sanbayashi Maki

三林 真希

出身地

長野県長野市

血液型

B型

趣味

ピアノを弾くこと (ジャズピアノ習いはじめました♪) 、アクセサリー作り 、はなうた作曲 、写真を撮る

好きなアーティスト

モネ/リャド/クリムト 音楽は特に好きなのはRadiohead/Blankey Jet City/FFのサントラ 最近は、のどかな感じのエレクトロニカすきです

Q1、現在はアライブでどのような仕事をされていますか?

 

現在私は、デザイナーとして、ホームページやその他の販促物のデザインを行っています。社内では社歴が長いほうですので、デザインのクオリティーチェックなど、後輩の制作物に対する全体管理も行っています。

 

アライブでは、デザイナーだからといってデザインだけを行うのではなく、デザイナーでもお客様と直接やり取りをするなど、一歩深い階層のお仕事もさせていただいています。

 

具体的には、たとえばホームページを制作する場合、
・どんなコンテンツを設けるべきか、どう訴求していくべきか
・どのような方法でユーザーへ届けるか、また伝えるか
・問合せを増やすには、どのような施策が必要か
・クライアントのターゲットに対して、どのような販促を行うべきか

 

など、 マーケティング目線で、制作物が本当にお客様の求める結果を生み出すかどうか、ゼロベースで考え、土台づくりをします。

 

キャッチコピーしかり、流れ、見え方、伝わり方、いろんな要素をいろんな角度から見て、常に『本当にこれで良いのか?』と自分に問いかけながら、制作物の構成やワイヤーフレームを考えるのが、アライブの仕事の軸なんですよ。

 

 

 

Q2、以前はディレクター業務もされていたそうですが、、仕事に対する姿勢は変わりましたか?

 

やっぱり、ディレクター経験があると、いろんな目線で制作物を見れるので、より高いクオリティのものを目指せるようになりました。

デザイナーとしての働き方しかしていなかったら、きっとマーケティング的な要素よりも見た目重視な制作物になってしまうでしょうし、逆にディレクター一本だったとしたら、デザイナーのクリエイティブなアイディアやおもしろさが欠けてしまうのではないかと思います。
両方の目線を持つ事で、双方の良い所を掛け合わせたものづくりができるのではないかと、私は思います。

 

それに、ディレクターの立場として、お客様と接する機会があると、お客様からの生の声や要望を、デザインに新鮮な状態で反映することができます。
一般的な制作会社であれば、お客様の要望は、間に何人かを通してデザイナーへ伝達されるものだと思いますが、そうすると、お客様が本当に望んでいることや本心が、デザイナーへ伝わらず、「あれ?ちょっと想像と違うんだけどな…」ということもあると思います。

 

アライブは、私のようにディレクター経験を持つデザイナースタッフが多いので、お客様の要望を汲み取る力は備わっているのではないかと思います。その為、お客様から「このアイディアいいね!」「こういうのやりたかったんだよ!」と、直接うれしいお声をいただくこともあります。

 

それぞれ専門のポジションはありますが、各自その他の知識も持ち合わせているというところが、アライブの強みではないかと思います。

 

 

 

Q3、そのようなスキルは、どのようにして身につけたのですか?

 

そうですね、会社全体として「デザイナーでも提案できる知識を持とう!」といった社風があって、一つの技術に特化するのではなくて、どちらかというと「色んなことができるマルチプレーヤーになろう!」という考え方が根付いているので、わからない事が出てきたら、積極的に調べたり勉強したりしています。
それに、社内には専門書もたくさんありますし、学べる環境は整っています。

 

また、アライブという会社は、社員のスキルアップに対してとても積極的で、スキルや知識を高めるためなら、全力でサポートしてます。

 

例えば、行きたいセミナーがあったら「いいよ!ぜひ行っておいで!学んだことシェアしてね!」と気持ちよく行かせてくれたり、本も仕事に関わるものであれば、「どんどん買って学んでね!」といった感じ。

 

スタッフの技術力、知識レベル向上などにこんなに協力的な会社もめずらしいのではないかと思います。

 

 

 

Q4、スキルアップのために会社全体として行っている取り組みなどはありますか?

 

スキルアップの面で言えば、毎月1回土曜日に「社員力アップデー」という日を設けています。

その日は通常業務を行わず、チームワークを高めるワークや、チーム感での円滑な仕事の進め方について話し合いをしたり、時には専門知識に富んだスタッフが、講義を行うこともあります。

 

この社員力アップデーでは、スタッフが率先して、その日のプログラムや昼食の手配を行っているんですけど、そうした裏側のセッティングなども通じて、タイムスケジュールの組み立て方なども学べて、いろんな側面から学びを得る機会になっていると思います。

 

それと、技術的なスキルとは少し別かもしれませんが、毎週月曜日には、みんなで輪になって朝礼を行うのですが、朝礼では、毎週司会を交代で回して、アライブの経営理念である「相互愛」に絡めた、身の回りの出来事や、感じた事を、社員全員の前で発表しています。

 

朝からポジティブな話をすると、前向きな気持ちになれますし、他のスタッフが感じた相互愛の話を聞くことで、新しい発見にも繋がります。
大勢の人の前で話す機会ってなかなか無いので、朝礼でトークするのは、話す力を身に付けるには最適かもしれませんね。

 

司会の人も、事前に何を話すか頭で考えて準備したり、技術以外の人間力の部分も磨ける良い習慣だと思います。

 

このような活動は、日常でちょっとずつ生まれていくズレをチューニングできますし、社員同士のコミュニケーションもできるので、すごく良い活動だと思っています。

 

 

 

Q5、仕事をするうえで意識していることや大切にしていることはなんですか?

 

わたしが普段大切にしていることは、「お客様の会社の広報になったつもりで制作すること」です。
Webやその他の販促ツールは、表面的に作り上げることはいくらでもできます。実際、お客様からの要望通りに作るだけの会社もあるかと思うんですけど、アライブが制作しなければならないものは、表面的に作られたデザインではなくて、効果の出る販促物です。
そのためには、お客様の会社の商品やサービスについて、自分が一番詳しいぞ!ってくらいになって、自分自身がファンになってないと、実際に商品やサービスを使うユーザーに向けての魅力を伝えられないんですよね。

 

なので、一つの案件に取り組むときは、実際にその会社の広報になったつもりで、仕事に向き合うようにしてます。
と、同時に、じつは客観的な目線の方が大事なので、「どうしたらユーザーに届くか」「どんな切り口で見せると心に刺さるか」など、何度も頭をリセットするように気をつけながら制作しています。

 

ものには感情が宿るとも言いますし…
一つ一つの制作物には、できる限り”心をこめて”作ることを、大切にしています。

 

 

 

Q6、その熱い想いに達した理由はなんですか?

 

もともとの性格的な部分もあるかもしれませんが、アライブは、一つの案件に対して一人のデザイナーが担当になるスタイルなんです。
入社して1年目でも、直接お客様の会社へ出向いて、上司と一緒に打ち合わせに参加したりするんですよ。
実際に顔を合わせてお客様と直接やり取りをするので、その案件に対して感情も芽生えますし、「良いものを作って喜んでもらいたい」という気持ちは、間接的な仕事よりも当然強くなりますよね。

 

直接お客様と打ち合わせを重ねたり、合ってアイディアを出し合ったりして、
互いに切磋琢磨して作り上げたサイトは、やっぱり今見てもいいな!って思います。

 

そのようなお仕事ができたお客様とは、長いお付き合いになることも多いですし、
うれしい言葉をかけていただいたりと、心と心の触れ合いが生まれるのがいいですね。

 

そのやり甲斐も、クリエイターとしての情熱に火をつけてくれたきっかけの一つかもしれません。

 

 

 

Q7、アライブでの働き心地はどうですか?

 

アライブの環境は、本当にいいです。働くスタッフはみんないい人で、みんなピュア。

 一般的な会社や組織のような、上下関係のピラミッドはなくて、各スタッフ、各チームがお互いを尊重し合いながら支え合っているようなイメージですね。

 

だけど、馴れ合いとかはないです。
一人一人が良い意味での距離感を保ちつつ、共に仕事をするチームとしてのバランスが取れていると思います。

 

社長の三輪さんも、社員のことも先々の未来も、しっかり見ていて、社員一人一人が迷子にならないように、道筋を示してくれる、そんな存在です。

 

 

 

Q8、最後に、これからホームページの制作をお考えの方へ一言

 

「ホームページを作れば売上げが上がるでしょ!」
「御社に任せれば、ホームページで結果が出るんでしょ!」と、救いを求めて問い合わせをくださるお客様はとても多いのですが、残念ながら、そのようなお客様に対しては、ご要望にお答えできない場合があります。

 

なぜなら、ホームページは、いくら見た目に良いサイトが完成したとしても、先程もお話したとおり、”魂”がそこにこもっていないと、結果としては現れてくれないからです。

 

その”魂”は、私たち制作する側だけの魂ではダメで、お客様も『このサイトをしっかり育てて、結果を生むんだ!』という熱い想いがないと、本当の意味での「完成品」にはならないんです。

 

ホームページを作るのは、私たちの役割ですが、その後育てていくのは、お客様ご自身の役割です。

 

もちろん、育てて行くためのサポートや、育てやすい仕組みなどは、私たちが責任を持って制作段階で仕上げていきます。
が、こまめにブログを更新したりなど、お客様もそのサイトに対して愛情を持って接して欲しいのです。

 

ホームページは、頼めば自動的に結果が上がるものではないことを、これから制作をお考えの方にお伝えしたいです。

 

良いパートナーに出逢い、お互いに気持ちを持って制作を進めれば、きっと素晴らしいモノができるはずだと思います!

採用情報

NAGOYA head office
〒460-0003
名古屋市中区錦1-15-8 2F
TEL:052-201-2525
FAX:052-201-1600

ALIVE VIETNAM
Unit305 Citilight Building,45 Vo Thi Sau,Da Kao Ward,District1,HCMC
Vietnam

San Francisco office
665 Third St. Suite 536 San Francisco, CA 94107

Copyright ©名古屋のホームページ制作・デザイン制作ならアライブ株式会社. All Rights Reserved.

販促・デザインでお悩みご検討の企業様はお気軽にご連絡ください。
ホームページの新規制作やリニューアルで
圧倒的な成果を実現したい企業様は
迷わず当社にご相談ください。
他社より高い制作費だとしても
見込み客のニーズにフォーカスした内容のホーム
ページとSEO対策、ネット広告の融合で
アクセスと問い合わせの増加を実現します。

お問い合わせやご相談はこちら

お電話の方はこちら メールの方はこちら

Copyright ©
名古屋のホームページ制作・デザイン制作ならアライブ株式会社.
All Rights Reserved.