竹内 宏文 | ディレクター | 名古屋のホームページ制作、デザイン制作の「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

名古屋のコワーキングスペース、WEB制作・デザイン会社 アライブ株式会社

ALIVE design marketing
TOP > スタッフ紹介 > 竹内 宏文

スタッフ紹介 staff

竹内 宏文

Director

ディレクター

Takeuchi Hirofumi

竹内 宏文

出身地

尾西市

血液型

A型

趣味

ライダースを着る事。
SR400というバイクに乗ること。カスタムをする事。
しかし他のバイクを見るのも乗るのも好きです。

好きなアーティスト

The Clash、MAD3、JetBoys等のパンクやガレージロック。
SKAやレゲエなども大好物です。

Q1、現在のポジション、役職について教えてください。

 

役職で言えば、ディレクター兼プロデューサーになるのでしょうか?
僕が行っている仕事は、『お客様の出したい結果、ゴール、やりたいことの根本を引っこ抜いて、カタチにすること』です。

一般的にディレクターというと、お客様からの依頼に対して、制作物の構成や、デザイナーへの指示書を”作る”のがディレクターという役職なんでしょうけど、僕たちは、そもそも作ることが目的ではなく、結果を出す事が目的なので、お客様が本当に求めるゴールに近づくためにどんな施策がベストなのか、これまでの経験を活かしながら様々な角度で考え、最善の方法をご提案しています。

 

時には、WEBサイトを作りたいというお客様でも、WEBサイトが最適ではないと判断した場合、別の媒体に予算を掛けることをおすすめすることもあります。
本当にお客様が求める結果が実現できる方法を、僕が導き出す役目だと考えているからです。

 

「WEBサイトが欲しいと言われたからWEBサイトを作りました。でも結果は出ませんでした。お客様の言う通りに作ったので、僕たちには責任がありません。」では、全く意味がありませんし、プロとして無責任だと思います。

もしWEBサイトをリニューアルと依頼されたお客様のサイトが、色々検証したうえでリニューアルしなくても結果を上げる施策があるならば、その施策をご提案しますし、別の媒体で同じコストを掛けた方が結果が出るのであれば、正直に別の媒体での販促をご提案します。

 

ですから、僕は、ディレクターとかコンサルタントとか、一つの役職に固執した仕事の仕方はしたくないと考えています。
ディレクターでもなければ、コンサルタントでもない、”結果を出すためのトータルプロデューサー”として、お客様の結果を出す立場だと思っています。

 

アライブは、一つの決められた役職やポジションに止まった仕事の仕方をするのではなく、各自の得意分野を活かしたマルチな働き方をする会社です。
僕みたいにディレクターでもありコンサルタントでもあるスタッフもいれば、デザイナーだけれどディレクター業務もこなすスタッフもいます。
「わたしはデザイナーだからデザインしかできない」などという固定概念を捨てて、一人一人が持っている得意分野を活かしつつ、様々なジャンルの業務を兼任できるスキルを持つ事が、最高の仕事ができる条件なんじゃないかと僕は思います。

 

 

 

Q2、自分の業務に取り組む際、心掛けていることやこだわりは?

 

僕の仕事で、いちばん重要視している点は、『それが本当にお客様の為になるのか』ということです。

例えば、インターネットが普及した現代、どうしても「ホームページを改善したら売上げが上がる!」と思い込まれている方って少なくありません。
ですから日々、いろんな業種の方から「ホームページをリニューアルしたいんですけど」と、お問い合わせを頂きます。

 

しかし、全ての業種がホームページで集客や売上げアップなどに成功するかというと、そうではありません。ホームページでの販促が効果的な業種もあれば、そうでない業種もります。
例えば「美容室」や「飲食業」など、ホームページ以外のチラシなど、紙媒体も組み合わせることで、結果があがりやすいといったケースも中にはあります。

 

そのような場合は、先程のお話にもありますが、お客様にとって最善のご提案をする為に、事実を隠さずにお伝えするようにしています。
アライブでお手伝いできる場合は、もちろんアライブのマーケティング要素を踏まえて最善の案としてご提示します。
つまり、プロとしての視点で『それを作ることが本当にお客様の求める結果に繋がるか』を、本質から考え抜いて、お客様にとって一番嬉しい結果をもたらす案内人が、僕なんです。

 

 

 

Q3、そのこだわり、考えに至るまでのストーリーを聞かせてください

 

やはり、いちばんの理由としては、会社自体にそのような考えが根付いているということですね。
特に僕だけがこうした考えのもと仕事をしているかというと、そうではなくて、アライブで働くデザイナーやコーダー、SEO・SEM担当者など、全てのスタッフにこの考えや概念が根付いています。

 

もちろん個人差はありますが、少なくとも他社に比べたら、一人一人が持つプロ意識や、お客様に対する一歩踏み込んだ考え・仕事のやり方を持っているはずです。
普段から、チーム間での話し合いや業務のなかで、こうした考えを共有していますから、自然とお客様の本質的な悩みを解決できる仕事が身に付いていった気がします。

 

もちろん、チームのリーダーとしての責任感からも、人一倍想いが強いとこがあるかもしれませんが、こうした環境や文化は、アライブ本来が持つ、良き社風なのだと僕は思います。

ですから、今後もこの良い社風を絶やす事なく、伝えていければと考えています。

 

 

 

Q4、竹内さんから見たアライブは、どんな会社ですか?

 

良い意味で「自由、だけど筋の通った会社」です。
一見、相反する言葉同士のように思えますが、その相反した部分を併せ持つ会社が、アライブなんじゃないかと思います。

 

服装は自由だし、髪型だって自由。
席はコロコロ変わるし上下関係もほとんどない。
社長が営業に同行して、直接お客様と商談だってするし、時には真剣に意見をやり取りしてお客様とぶつかる事だってあります。

アライブには自由な社風の中に、一本の筋が通っていて、社員全員の意識にもその筋が行き渡っているので、自由でありながらも仕事に対しては真剣で真面目、やっている事も発言も、全てに筋が通っているんです。

だから、この自由なスタイルが保てるのかもしれません。

 

その、アライブが貫く筋がブレないのは、やはり毎年きちんと経営計画発表会を行い、社長が今期の振り返りと、次期の目標や軸となる方針を、社員全員と共有するという取り組みを欠かさず行ったり、毎月1回、社員力アップデーという”社員力を高める活動”を通じて、アライブが目指す仕事の仕方や、お客様に喜んで頂けるためのスキルアップに時間と労力を裂くことを惜しまないからでしょう。

 

僕にとってアライブは、自分を高めていける環境が常にある場所だと思います。

 

 

 

Q5、そんなアライブと他社との違いは何でしょうか?

 

他社との違いは、自分の頭で考えて行動する文化だと思います。
アライブの社員は、一人一人が仕事に責任感を持ち、主体性を持って考え行動することを大切にしています。
別の質問でもお話したように、お客様に対するプロ意識が、違うと僕は感じています。

 

なぜなら、普通入社一年目の社員なら、
上司から言われた仕事をそのままやるだけで、それ以上のことはしないと思うんです。
でも、アライブは違っていて、僕の部下でも2名ほど入社一年目のスタッフがいますが、1つのデザイン、1つの発言とっても、自分なりの考えを持って僕に伝えようと努力しています。

 

もちろん、まだまだ至らない点もたくさんありますが、そうした姿勢で仕事をするということは、とても素晴らしいことです。
すぐに完璧にはなれませんが、入社一年目にして、自分の意志を持って仕事をする習慣を身につけているスタッフ達は、きっと数年後、同年代の人たちよりも、一歩先行くスキルの持ち主となることでしょう。

 

大企業のように新人研修などもないアライブで、ここまで社員全員に、プロ意識や本質を深堀りする仕事の仕方が浸透するのは、きっと、アライブに根付いた「自分たちで自分たちのスタイルを確立するんだ!」というハングリー精神のもとに成り立っているのかもしれませんね。

 

 

 

Q6、竹内さんにとっての仕事の意識が変わったターニングポイントは?

 

ターニングポイントと言われると難しいですが、お客様と直接やり取りをして、一つの制作物を最高のものへ作り上げて行く過程で、少しずつ意識や考え方も精査されていったのだと感じます。

 

やっぱり全てが全て、100%うまくいく訳ではありません。
これまでに何度も失敗と成功を繰り返してきました。
その度に、「これは何が悪かったのだろうか?」「これが成功した理由は?」を自分なりに考え抜いて、失敗も成功も、自分への肥料として、無駄にはしないという気持ちだけは、忘れずにいました。

 

そうした自分なりのポリシーがいつしか、カタチとして現れ始め、お客様からも厚い信頼と嬉しい声をいただけるようになり、自分がこれまで失敗と成功を積み重ねてきたことは、決して無駄ではなかったんだという自信に繋がりました。

 

それからは、自分の中にあった一つの軸が、より頑丈なものとなり、仕事をする上でブレない「自分だけのスタイル」を確立したんです。
お客様に対しても、仕事に対しても、今まで以上に妥協することはなくなり、本質を極めるようになりました。
今でも、まだまだ半人前の気持ちで、常に高みを目指していますが、自分に与えられた環境下で、諦めずに粘り強く、”トライ&エラー”を繰り返してきたからこそ、日々、一皮一皮生まれ変わることができたのではないかと思います。

 

 

 

Q7、これからホームページ制作を考える方へ一言

 

インターネット社会の今、ホームページでの集客は販促を強化していこうと考えている方は、きっと多いかと思います。
しかし、ホームページで結果を上げるには、きちんとした知識とノウハウが必要です。

全国には数えきれないほどのホームページ会社がありますが、その会社、全てが僕たちのように、WEBマーケティングの知識やノウハウを持っているわけではありません。

 

「ホームページでしっかり結果を出したいけれど、どうしたらいいのかわからない」
「WEB戦略って、何から手をつけたらいいのかサッパリ・・・」
そんなふうに頭を悩ませている方がいるならば、まずは僕たちに相談してください。
自分たちで悶々と悩むより、外部の意見を聞いてみることで、自分たちでは思いつかなかった道筋が見えるかもしれません。
悩んでいるならまず行動!これが大事だと思いますよ。

 

ただ、気をつけて頂きたいのが、冒頭でお話したとおり、ホームページは、きちんとした知識やノウハウが無いと結果は現れませんので、”価格が安いから” ”スピードが速いから” ”デザインがカッコいいから” などの理由でホームページ会社を決めるのはやめたほうがいいです。
決して安い金額ではないので、きちんと結果の出せる会社を選んで下さいね。

ホームページは作ってからが本当のスタートです。
自社のパートナーとして本当に信頼の置ける会社選びをおすすめします。

 

 

 

【もっと竹内 宏文を知る!】

http://alive-web.co.jp/funny_company/individuality/

採用情報

NAGOYA head office
〒460-0003
名古屋市中区錦1-15-8 2F
TEL:052-201-2525
FAX:052-201-1600

ALIVE VIETNAM
Unit305 Citilight Building,45 Vo Thi Sau,Da Kao Ward,District1,HCMC
Vietnam

San Francisco office
665 Third St. Suite 536 San Francisco, CA 94107

Copyright ©名古屋のホームページ制作・デザイン制作ならアライブ株式会社. All Rights Reserved.

販促・デザインでお悩みご検討の企業様はお気軽にご連絡ください。
ホームページの新規制作やリニューアルで
圧倒的な成果を実現したい企業様は
迷わず当社にご相談ください。
他社より高い制作費だとしても
見込み客のニーズにフォーカスした内容のホーム
ページとSEO対策、ネット広告の融合で
アクセスと問い合わせの増加を実現します。

お問い合わせやご相談はこちら

お電話の方はこちら メールの方はこちら

Copyright ©
名古屋のホームページ制作・デザイン制作ならアライブ株式会社.
All Rights Reserved.