ベトナム コーディング&英語研修 24日目 -レポート:暗闇レストラン- | ベトナムでコーディングの勉強

名古屋のコワーキングスペース、WEB制作・デザイン会社 アライブ株式会社

ALIVE design marketing
TOP > ベトナム奮闘ブログ > ベトナム コーディング&英語研修 24日目 -レポート:暗闇レストラン-

ベトナム奮闘ブログ VIETNAM Hotel

2014 / 12 / 18

ベトナム コーディング&英語研修 24日目 -レポート:暗闇レストラン-

朝からコーディング。

見た目95%くらいできた、明日はスライドの動きを入れる部分2箇所と

ヘッダーのプルダウン部分を作りたい!

 

昼ごはんはホテルからも比較的近いハイチュー通りにある

“LovEat”へ、with 三宅さん。

天井に吊るされたいろんな形の電球がおしゃれ。

 

IMG_2452

 

IMG_2448

 

IMG_2472

 

料理は少し値段高め。ブロッコリーとチキンのパスタを頼んだら、

全体的にブロッコリーの味しかしなくてこれはちょっと微妙だった…笑

ハンバーガーはすごくおいしそうだった!ハンバーガーにすればよかったなあ〜笑

 

夜は三宅さんが前から行きたいといってた「暗闇レストラン」、

“Noir -Dining in the Dark-“へ行くことになった!

料理についての事前情報なく、真っ暗闇の中で食事をするというもの。

ここでは目の不自由なスタッフも10人ほど働いているらしい。

Noirはフランス語で黒、Dining in the Darkというのは

Dancer in the Dark(目の不自由な主人公の映画)の

オマージュだったりするのだろうか?

 

念のため予約しといて〜と言われたので電話で予約を入れてみる。

英語でのレストランの予約の仕方をググって見ながら電話して、

たぶんなんとか予約できた…!笑

ディナーは18時オープンなので18時ちょうどに予約を入れた。

ちなみにランチは10人以上のグループでの貸し切りのみ。

 

夕方までコーディングして、ハイバーチュン通りにあるNoirに向かう。

 

IMG_2545

入り口。点字表記付きのロゴ

 

 

待合室。薄暗い

待合室。薄暗い。アジアンテイストな置物が飾られている

 

 

まずは待合室のようなスペースに通される。

ここでウェルカムドリンクを渡され、メニューの注文。

 

IMG_2508

点字付きのメニュー表。料理の詳細は記されていない

 

 

メニューはEAST(アジア料理) / WEST(西洋料理)の大まかな2種類から選ぶ。

前菜・メイン・デザートのコースメニューとなっているが、詳細は一切不明。

二人ともWESTコースにすることにした。別でドリンクも注文。

 

注文が終わると、スタッフからパズルとアイマスクを渡される。

暗闇の中で食事をするための練習らしい。

 

IMG_2513

 

IMG_2509

 

単純だが、視界を閉ざされると意外と時間がかかる。

こんな状態で食事なんてできるのだろうか??

荷物と光を発するものすべてをロッカーに預け、ダイニングへ移動。

 

IMG_2533

ダイニングの入り口。中は真っ暗闇

 

 

スタッフの肩につかまって中に入り、テーブルにつく。

今まで体験したことのないような本当の真っ暗闇。

通常は暗いところにいるとだんだんと少ない光に目が慣れてくるが、

一切の光が閉ざされているのでいつまで経っても何も見えないまま。 

眼鏡をかけていてもかけてなくても、

目を開けていても閉じていてもほとんど変わらない。

 

料理はトレイに載せて運ばれてくる。

トレイには一つ一つ違う形のくぼみがついていて、食器の形も一つ一つ違う。

事前に行ったパズルと同じ要領だ。

 

まずは前菜。スタッフからトレイの上に

2つのカップと3つのボウルが載っています、というような情報だけ伝えられる。

匂いや食感や味から想像しながら、二人でなんだろう?と相談しながら食べる。

 

食べ終わると、スタッフからなんの料理だったと思いましたか?と尋ねられる。

正解率半々くらい?結構意外なものも多かった。

メイン、デザートも同じ行程。

 

料理はおいしいんだけど、なんだか食べているという満足感が少ない気がする。笑

たぶん「おいしさ」の中には視覚からの情報も含まれているんだろう。

でも視覚が閉ざされている代わりに、

他の感覚がいつもより敏感になっているような気がする。

 

はじめのうちは食器同士をぶつけたりたまに料理をこぼしたりしていたけど、

不思議とだんだん慣れてくるもの。

スタッフの人はまるで見えているかのような振る舞いをしていたけど、

たぶん目の不自由な方だったんじゃないかなと想像する。

 

食べ終わって外に出ると、外の世界がまぶしい!

待合室に戻って、iPadで食べた料理の写真を見せてもらう。

うーん、こんなのを食べてたのか!

味や食感からでは見た目を想像できないな〜。

 

値段はEASTコースが48万ドン(2700円くらい)、

WESTコースが56万ドン(3100円くらい)、

+ドリンク代+サービス料5%+税金10%で合計70万ドン(3900円くらい)ほどと、

通常のベトナムで食べるディナーと比べるとかなり高めではあるけど、

一度行ってみる価値はあり!面白かった〜。

 

バイクでKTDCまで送ってもらい、授業を受ける。

今日は「家族の紹介」がテーマ。

シンプソンズの家族構成を覚えてホワイトボードに書き、

正解率を競うというグループワークがあったのだが、

グループ4人で協力してなんと断トツの1位、

賞金2万(110円くらい)ドンゲット!笑

あまり話したことのないクラスメートもいたのだけど

このワークを通して一気に仲良くなれた気がした。

 

帰り道歩いていると、クラスメートに声をかけられた。

バイクでホテルまで送ってくれるらしい!うれしい〜。

バイクで走りながらいろいろ話した。

日本人の女の子は肌がとても白いね!と言っていた。

 

ホテルに着き、サムライカフェがまだ開いていたので行ってみると、

これから三宅さんと元サムライカフェマネージャーのビーさん

(以前書いたアルバイトのビーさんとは別のビーさん)で

飲みに行くらしい!笑 私も行くことに。

 

向かったのはトランフンダオ通りにある”Pullman hotel”。

30階にある”cobalt restrant & bar”へ。

 

IMG_2558

 

IMG_2570

 

入ってみると、店内も綺麗だし、眺めがよくてびっくり!テンションあがる〜!

さらに上の階に行き、オープンテラスのスペースへ通される。

机と椅子が光ってるよ〜!笑

 

IMG_2594

 

IMG_2589

 

ホーチミンの夜景が綺麗。

ちょっと高いカクテルを飲みながらビーさんと三宅さんといろいろ話した。

ビーさんはベトナム人だけど、サムライカフェのマネージャーをしていた約半年間で

日本語を覚えたらしい!すごいなあ〜。

 

今日はお金使いすぎた…!笑

24日目終了。

採用情報

NAGOYA head office
〒460-0003
名古屋市中区錦1-15-8 2F
TEL:052-201-2525
FAX:052-201-1600

ALIVE VIETNAM
Unit305 Citilight Building,45 Vo Thi Sau,Da Kao Ward,District1,HCMC
Vietnam

San Francisco office
665 Third St. Suite 536 San Francisco, CA 94107

Copyright ©名古屋のホームページ制作・デザイン制作ならアライブ株式会社. All Rights Reserved.

販促・デザインでお悩みご検討の企業様はお気軽にご連絡ください。
ホームページの新規制作やリニューアルで
圧倒的な成果を実現したい企業様は
迷わず当社にご相談ください。
他社より高い制作費だとしても
見込み客のニーズにフォーカスした内容のホーム
ページとSEO対策、ネット広告の融合で
アクセスと問い合わせの増加を実現します。

お問い合わせやご相談はこちら

お電話の方はこちら メールの方はこちら

Copyright ©
名古屋のホームページ制作・デザイン制作ならアライブ株式会社.
All Rights Reserved.