名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のSEOブログ

052-201-2525

SEO Blog SEOブログ

主語を「○○○」にするだけで成約率UP! 2014.05.19

主語を「○○○」にするだけで成約率UP!

直接SEOとは関係ありませんが、コンバージョンUP間違い無しのテクです。
ディレクターやライターの方は必須テクニックです。
特に「勝負ページ」でメリットを伝える箇所で有効ですよ。

 

<<主語を「お客様」にしていますか?>>

 

ホームページや、お手元にある広告・チラシをご覧ください。
どうでしょう?
キャッチコピーはの主語は誰になっていますか?

 

実は、主語が「商品・サービス」になっている場合がかなり多いのです。

 

例えば…
「○○は・・・です」
「この○○は、日本産で高品質な○○です」
「この○○なら○○のときに最適です。」

 

お客様は、これを読んでどうアクションしたら良いのでしょうか?

 

これは、主語が「商品・サービス」になってしまっているから、お客様がどうアクションを起こして良いのか分からないのです。

 

単純に主語を「お客様」にしてしまえば、アクションを動かしてくれるのです。
でも、コレが結構難しくて悩んでしまうんですけどね。

<<そんな時は、以下の方法を試してみて下さい。>>

 

1.イメージする。
「お客様は、○○できる」「お客様は、○○できる」というイメージを描いて下さい。

 

2.テキストで表現してみる。
「お客様は、△△でも○○できる」
「お客様は、△△で、いつでもどこでも○○できる」
「お客様は、△△だから、安心して○○できる」

 

3.「お客様は、」をとる
「△△でも○○できる」
「△△で、いつでもどこでも○○できる」
「△△だから、安心して○○できる」

 

どうでしょう、これでお客様主語のキャッチコピー・文章が出来上がりますね。
イメージをつかめるまでは、結構難しいので、色々と試してみて下さい。
「勝負ページ」だけでなく、サイトやディスクリプション、紙媒体など全てに有効です。
特に「勝負ページ」の前半は、意識して下さいね。

 

これでコンバージョン・成約率UPです!

 

ホームページを制作してもらう時やチラシを作る時は、業者に任せずご自分でもトライしてみて下さい!
コレもある意味「インハウスSEO」の一環ですね。

 

冒頭で、直接、SEOとは関係ないと書きましたが、間接的には関係大アリですね。
メタディスクリプションを考える時に活用して「お客様主語」の魅力的な文章をかけば、クリック率が上がり、Googleさんが「このサイトは人気がある」と思ってくれますからね。

 

SEOは、「外部要素、内部要素、人気要素」ですよ〜。

© ALIVE Co.,Ltd.