名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

052-684-5558

Staff スタッフ紹介

祝迫 優衣
Web marketer / Pardot Specialist

祝迫 優衣

Yui Iwaisako

出身地 愛知県あま市
趣味 絵をかくこと/ ディズニー(アニメ)映画 / 羽生結弦選手 / 難民支援 / ミュージカル

大学では主に英語の勉強をしていたが、授業で日本に逃れてきた難民の境遇にショックを受け、難民支援のサークルを立ち上げる。東海初の難民支援プロジェクトは新聞やテレビでも取り上げられた。どうしたらより多くの人に難民のことを知ってもらえるか考える中で、Webマーケティングに興味を持ち、現在、英語を活かしてPardotなど日本語での情報が少ないものを勉強中。 Google Adwords認定資格(検索/ディスプレイ) Salesforce 認定 Pardot コンサルタント

Q.1 現在のポジションを教えてください。

私はWebマーケティングチームに所属しており、その中でもマーケティングオートメーションツールである「Pardot(パードット)」の設定・運用を担当しています。
現在、以下の認定資格を保有しております。

「Salesforce 認定 Pardot スペシャリスト」
「Salesforce 認定 Pardot コンサルタント」

これまで人の手によって行われていたマーケティング活動を、よりオートメーション化することで効率化するうえに、マーケティング活動に必要なWebトラッキングや顧客のリード数などを自動で計測・スコアリングします。
そうすることでPDCAサイクルを効率的に回すことができる画期的なツールです。

こうしたツールを導入すれば、既存のお客様も新規のお客様も、よりホームページによる成果を上げやすくなりますので、私はWebマーケティングチームの一員としてPardotの提案を積極的に行なっています。

close

Q.2 仕事で大切にしていることは何ですか?

なるべくコミュニケーションを円滑にできるように、チャットやメールでの伝え方は意識的に相手がわかりやすい文面を心掛けています。
Pardotの内容では特に専門用語が多いので、お客様とやりとりする時には、あえて専門用語を使いすぎないようにするなど「理解しやすさ」「読みやすさ」などに配慮しています。

また、弊社には様々な国籍のスタッフがいるので、ストレートな日本語を使いわかりやすくコミュニケーションを取ることを大切にしています。

細かなことではありますが、こうした少しの配慮が仕事の円滑化に繋がると考えていますので、日頃から相手の立場に立って考えることを重要視するようにしています。

close

Q.3 やりがいのあったプロジェクトを教えてもらえますか?

Pardotに関しては、長期的にお客様のマーケティングをサポート・改善していくものになるので、一つのプロジェクトとしてやりがいがあったという案件は少ないですが、お客様に質問されたことに対して、的確な返答ができるよう調べて提案し、喜んでもらえた時は嬉しく思います。

マーケティングオートメーション(MA)は、今後伸びていく市場だと思いますので、名古屋ではアライブが一番マーケティングオートメーションに詳しいと言われるぐらいに、知識と技術を今後磨いていきたいですね。

同時に、まだこうしたシステムを知らないたくさんのお客様へPardotの存在を知っていただき、Webマーケティングにおける顧客獲得やフォローの可能性をもっと感じていただければと思います。

close

Q.4 アライブで働こうと思った理由は?

アライブでは入社前、1ヶ月間インターンをさせてもらいました。
その時感じた会社の空気感やメンバーを思いやる心の温かさ、それを支えるリーダー層の人柄で、この会社で働きたいと決めました。

私が今所属しているWebマーケティングチームのリーダーである高杉さんは、本当に部下のことをよく見ていて、気遣い・心遣いの天才だと思います(笑)
褒めることがとても上手で、チームのモチベーションをいつも高めてくれる素晴らしい上司です。

もちろん、他のスタッフ達も負けず劣らず、仕事に対して真面目で常に最善を突き詰めていくメンバー達なので、そうしたスタッフに囲まれて仕事できるのは自分にとってもプラスになります。

この会社であたらに得た知識や技術は多く、会社のおかげで取得できた資格もあります。
知識や技術は将来的にも自分の財産となるので、仕事を通じて自分のレベルアップを図っていけるのはありがたい環境だと思いまうす。

close

Q.5 アライブの社風はどうですか?

インターンでアライブを訪れた時に感じた会社の雰囲気と変わらず、皆さん本当に向上心と思いやりに溢れたスタッフばかりで風通しの良い会社ですね。

若いスタッフも多いですが、お客様へより良いサービスを提供しようと日々仕事の効率化やお客様との円滑ややりとりの仕方を模索されていたり、しっかりとした考えを持ったスタッフがほとんどです。

日報が社員全員で共有されている点も、アライブ独自の取り組みでいい影響を与えていると思います。
日報からそれぞれのスタッフの考えや仕事の工夫を学ぶことも多く、他のスタッフから刺激を受けることが多々あります。

他のスタッフの考えなどを知ることで、良いエッセンスを感じ、視野を広げることができます。自分の仕事に応用できることは取り入れて、スキルアップを目指していきたいです。

close

Q.6 今後、祝迫さんが目指していきたいことは?

Pardotの機能やできることを、よりわかりやすくお客様に提案し、上司の力を頼ることなく自分でお客様をサポートできるように知識の幅を広げていきたいです。

現在徐々に浸透しつつあるマーケティングオートメーション(MA)ですが、まだまだ活用すべき企業は多々あります。
そうした企業にまずはMAの存在と、導入することで得られるメリットを認知させるのが私のミッションだと思っていますので、まだ未開拓の土壌を自分の力で開拓できればと考えています。

また、長期的な目標としてNPOなど難民支援をされている団体などに、自分のマーケティングの知識を何かに役立てられないかといつも考えています。
業務だけでなく、仕事の力を活かして世の中の手助けができれば幸せです。

close
© ALIVE Co.,Ltd.