名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

ベトナムに進出した12の理由

2019/12/09 | ベトナム

三輪 尚士

Writer三輪 尚士

CEO / Founder

 

こんにちは。

アライブ株式会社 代表の三輪です。

 

アライブは、ベトナム・ホーチミンに拠点があり、そこで約50名ほどのスタッフが、日本向けWebサイトの開発、現地向けWebマーケティング支援を行っています。

 

2011年に初めてベトナムを視察してから、ベトナムが好きになり、2013年から拠点を出しました。2020年でベトナムに行き出して10年目になります。

 

最近よく聞かれるのが、「なぜベトナムに進出したのか?」ということです。

今回は僕がベトナムに進出した理由をいくつか述べたいと思います。

 

 

ベトナムに進出した理由

今、小さいことも含めて、思い浮かぶ限りのベトナムに進出した理由を書きたいと思います。

 

ベトナムが好きになった

2011年に視察した時にベトナムが好きになったのが、進出した最大の理由です(笑)

街の雰囲気や気候、料理、ベトナム人の人柄などが自分にとてもマッチしたので、「この国に進出しよう」と決意しました。

 

 

ベトナムに熱気と勢いを感じた

高度成長期、バブルを経験したことがない僕にとって、低成長の日本の姿が日常そのものでした。

しかし、ベトナムに初めて行った時、活気のある街、たくさんのバイク、建設ラッシュのビルなどなど国や街から熱気が伝わってきました。

日本の状況を当たり前に思わず、成長している環境に身を置きたいと思いました

 

 

まだ進出している企業が少なかった

2011年の時点ではベトナムに進出している企業も少なかったですし、日本でのベトナムの認知度も低く、「なんでベトナムに行くの?」とか「ベトナム戦争の国だよね?」という感想をたくさんの人からもらいました。

たくさんの企業が興味がないほうが、先駆者利益を得やすいので、日本の企業があまり興味がないということが僕の進出には利点でした

ただ、それから日本の労働人口不足からベトナムに急に日本全体が興味を持つようになり、ベトナムでの人材獲得競争も自分の想定よりも早く激しくなってきてしまいました…。

 

 

国土の面積が日本と似ている

ベトナムの面積は約33万平方キロメートルに対し、日本は約38万平方キロメートルで、国土の大きさは似ていますし、国土も両方とも縦に細長いです。

国土の大きさが似ているからって、だから何?」という感じだと思いますが(笑)、ベトナム進出の前は、中国の進出を考えていて、中国に行ったり来たりしていました。

中国は建物も大きいし、道路も大きいし、全てが大きくて、当時零細企業のアライブがここで上手く進出することがイメージできませんでした。

中国は、自分の動物としての勘としてのテリトリー感覚が上手く掴めない感じでしたが、ベトナムは、自分の動物としての勘が効きやすいサイズ感だなと感じ、ここなら進出できそうに思いました。

 

 

人口と発展度合いのバランスが良い

ベトナムは今から発展していく国でありつつ人口が約9000万人で、人材としても、マーケットとしても魅力でした。

隣のラオスは約600万人でちょっと少ない、カンボジアはまだ発展途上過ぎるのと1500万人の人口、マレーシアは発展しているが約3000万人、タイは約7000万人いるけれど、もう高度に発展していて進出しにくい、ミャンマーは6000万人いるけど零細が進出するにはまだ早いという感じでした。

インドネシアは2億2000万人で発展具合も丁度よくて悩むところでしたが、僕はベトナムを選びました

 

 

IT人材が多い

ベトナムは国がIT人材に力を入れているということあって、IT人材が多くいます。

カンボジアはまだIT人材は不足していましたので、Web開発としてはベトナムは進出しやすい国でした。

 

 

人材獲得において日本企業にもアドバンテージがある

アジア圏において、その国がどの国と手を組みたいかというのも重要になります

インドは欧米に目が行っていて、日本企業にアドバンテージはありません。

フィリピンも英語が一番の輸出品であり、欧米が進出しやすい国です。

カンボジアは中国資本ががっつり入っています。

ベトナムが、欧米が入りにくく、中国とあまり付き合いたくないレアな国として、日本にもアドバンテージがある国でした

 

 

親日国である

日本がODAを盛んにやっていたこともあり、日本に対するイメージが良い国なので、日本人がビジネスをしやすい国です。

ベトナム戦争中、ホンダカブが壊れにくかったので、バイクのことをホンダというくらいらしいです(僕は実際に聞いたことはないです)。

他にも日本の商品や文化が入っていて、タクシーに乗っていてもタクシーの運転手さんが日本をよく褒めてくれます。

ただし、日本へのイメージが良いのは40代くらいまでらしく、20代などはK-popのほうが好きですし、日本への研修生での待遇が悪いことも広まっており、いつまでも「ベトナム人は日本が好き」というわけではなさそうなので、これからも日本が良いイメージであってもらえるように努力はしていかないといけないと思います。

 

 

助けてくれる現地での先輩がいる

2011年のビジネス視察してベトナムが気に入った後は、自分一人でベトナムに行くようになりましたが、何も分からない中で、少しずつ知り合いが増えていき、既に現地で頑張っている方たちからも助けをいただきました

同年代で活躍しているPizza 4P’sの益子さんやエボラブルアジアの薛さんなどに協力や刺激をもらいながら、なんとか自分もビジネスをすることができました。

 

 

治安が良い。タクシーが比較的安全である

もちろんベトナムでも犯罪はありますが、それでも東南アジアの中では治安が良い方だと思います

夜一人で歩ける国ですし、重大な事件に巻き込まれることは、ほとんどないと思います。

タクシーもビナサンとマイリンというタクシー会社が比較的しっかりしていて、安心してタクシーに乗れるのは、とても助かります。

カンボジアでは知り合いの経営者が銃で亡くなったり、まだ夜は怖さは残ります。

ただ、ベトナムもiPhoneのスリやカバンのひったくりは多いのですし、子供の誘拐もたまにあるので、安心できるとはいえ、注意は必要です。

 

 

ベトナム料理が美味しい

進出する場合、そこでビジネスをするわけなので、現地の料理が自分に合っているかはとても重要です。

ベトナム料理は、フォー、ブン、バインセオ、バインミーなどなど、どれも自分に合っている物ばかりでした。

 

 

名古屋からベトナムへの直行便がある。空港も近い

当時カンボジアのプノンペンに行くには乗り継ぎが必要でした。

乗り継ぎがあると結構時間を食われます。

ベトナムはホーチミンもハノイも直行便があり、素早く現地に行けるのも魅力でした

(ホーチミン〜名古屋は当時週に3便でした。今は毎日あります。)

またホーチミンから日本への直行便は深夜になるので、月曜日にベトナムで仕事をして、深夜に移動して火曜日には日本で仕事することも可能で、時間の効率化となって僕はとても好きです。(体は疲れますが。)

ホーチミンの場合、空港も都心から近いので、会社でギリギリまで仕事をしていても大丈夫です。(そのせいで乗り遅れたことはありますが)

 

 

物価が安いので出張経費も安い

ご存知の通りベトナムは物価が安いので、欧米に出張するよりも経費が断然に安いです

名古屋から東京に1週間出張してもホテル代や飲食費で結構な額になりますが、ベトナムで1週間出張しても15000円くらいのホテル代になるので、零細だったアライブにとっては経費が抑えれてとても助かりました。(当時)

東京を攻めるより、ベトナムを攻めたほうが名古屋かつ零細のアライブにとっては合理的でした。

(当時1ドル70〜80円前半台で、1万円が260万ドンに両替できました。今は200万ドンくらいです。ホテルも2000円くらいのホテルに泊まりました)

 

 

最後に

ざっと当時ベトナムに進出した時の理由を並べました。

今では状況が変わってしまっているところもありますが、これだけ進出する理由があったのだなと思います。

 

しかし、2011年、20名くらいの経営者とベトナム視察旅行に行きましたが、その中でベトナムに進出したのは、僕一人です。やる理由が揃っていても、やらない理由もたくさんあります。

 

理由があるから進出するというよりは、「自分が進出したいから進出する」くらいの強い意志のほうが大事かなと今となっては思います。

三輪 尚士

Writer三輪 尚士

CEO / Founder ブログ プロフィール

アライブ創業者。1980年生まれ。2001年21歳の時に幼なじみとデザイン会社を立ち上げ、数々の失敗をしながら、四苦八苦して会社を成長させていく。現在創業17年目、日本とベトナムで約90名のスタッフと共にWebマーケティングとデザインでクライアントの成長をサポートし続けている。歴史好き。

アライブ創業者。1980年生まれ。2001年21歳の時に幼なじみとデザイン会社を立ち上げ、数々の失敗をしながら、四苦八苦して会社を成長させていく。現在創業17年目、日本とベトナムで約90名のスタッフと共にWebマーケティングとデザインでクライアントの成長をサポートし続けている。歴史好き。

Latest Posts

スマホで料理を美味しく撮るコツをお伝えします!
2020.03.30

スマホで料理を美味しく撮るコツをお伝えします!

DTPデザイナーが陥りがちな残念なWebデザイン (後編)
2020.03.27

DTPデザイナーが陥りがちな残念なWebデザイン (後編...

Latest Posts

スマホで料理を美味しく撮るコツをお伝えします!
2020.03.30

スマホで料理を美味しく撮るコツをお伝えします!

DTPデザイナーが陥りがちな残念なWebデザイン (後編)
2020.03.27

DTPデザイナーが陥りがちな残念なWebデザイン (後編...

© ALIVE Co.,Ltd.