名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

販促を成功させるのは準備が大事

2014/12/19

販促には準備が大事

こんにちは。
アライブ株式会社 代表取締役の三輪です。

 

ビジネス本を何冊も出している著名なコンサルタントの
竹内謙礼さんが毎年年末に「販促カレンダー」を販売していますが、
このデザインをアライブが手がけさせていただいています。

 

いつも竹内さんが「このカレンダーが売り切れたらハワイに行こう!」
言っていますが、いつも売り切れません。

 

しかし、今年はあと少しで売り切れそうです!!

 

売り切れたらハワイに連れていってくれるかは怪しいですが、
毎年少しずつ色々な方に販促カレンダーが浸透してきた結果だと思うので、
嬉しく思っています。

 

「販促カレンダー」はどんなものかというと
詳しくは↓に書かれています。
https://e-iroha.com/calendar2015/

 

 

この販促カレンダーの良いところは
「1年の販促ポイントが細かく記載されている」ところです。

 

ほとんどの担当者は
1年間通して色々な企画を準備していけば
売上が上がることを頭では理解しています。

 

しかし、普段の業務の忙しさと
いつから準備していけばいいのか分からず
結局何も企画できずに終わってしまったり、
準備が中途半端になってしまったりして
企画が失敗してしまいがちです。

 

しかしこの販促カレンダーは
いつから企画を考えていけばいいかも書いてありますし、
その企画のキャッチコピー等の案も書いてあります。

 

例えば、ホワイトデーなら
1月13日から「ホワイトデー企画立案開始」、
2月16日から「ホワイトデー商戦開始」と日付にしっかり書かれています。

 

ホワイトデーのキャッチコピー例であれば
「○○していませんか? 今年のホワイトデーのプレゼント」
とアイディアやその理由も書かれています。
※○○は竹内さんのカレンダーのノウハウになるので伏せ字にしました。
本来は書かれています。

 

ここでも分かるのは、ホワイトデーの企画も
3月14日から2ヶ月も前に考えなければならないということ。
普通に業務をしていると、つい2月からホワイトデーを考えてしまいがちです。
2月から考えているという時点で、
販促としては既に遅く、それでは売上が上がらないのは必然です。

 

というように、自分たちの感覚で販促をしていると
つい後手になりがちな販促企画をしっかり準備ができるのが販促カレンダーです。
毎年少しずつ売れていったのも、実際に使ってみることで良さが分かった人が
多くなってきているのではと思います。

 

つい企画が遅れがちになってしまう方は
このカレンダーを使ってみるのもありなのではないでしょうか?

 

販促カレンダーについてはこちら↓
https://e-iroha.com/calendar2015/

Latest Posts

似たような用語が多すぎる!これってどういう意味だっけ? 【googleアナリティクス編】
2019.12.14

似たような用語が多すぎる!これってどういう意味だっけ? ...

1年の締めくくりに写真を撮ろう!
2019.12.13

1年の締めくくりに写真を撮ろう!

Latest Posts

似たような用語が多すぎる!これってどういう意味だっけ? 【googleアナリティクス編】
2019.12.14

似たような用語が多すぎる!これってどういう意味だっけ? ...

1年の締めくくりに写真を撮ろう!
2019.12.13

1年の締めくくりに写真を撮ろう!

© ALIVE Co.,Ltd.