名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-201-2525

Marketing Blog マーケティングブログ

見直すだけで成約率が上がる、表現と見せ方の改善ポイント

2014/03/04 | WEBマーケティング

ポイント

 

こんにちは、

アライブ株式会社 広報担当の大島です。

 

 

ホームページをお持ちの方で、

アクセス数(訪問数)はあるけれど、

問い合わせや資料請求になかなか結びつかずに

困っているという方も多いのではないでしょうか?

 

 

SEO対策やインターネット広告の出稿など、

様々な手を施して集客を集めても、

結果として成約に結びつかなければ意味がありませんね。

 

 

集客はできているのに結果に結びつかないという場合、

様々な要因が考えられますが、そのうちの一つとして、

「お客様に伝えたい事が伝わっていない」

という理由が考えられます。

 

 

例えば、ホームページでの商品紹介などで、

専門用語を使いすぎていたり、遠回しな表現になっていたりと、

小さな表現ミスが、そのような結果を招いている事があるのです。

 

 

では、どのようにしたら、お客様へ伝わる表現になるのでしょうか?

いくつかポイントをご紹介しましょう。

 

 

 

(1) 商品の特徴よりも、お客様のメリットを伝える

 

極論から言いますと、人は商品の特徴には関心がありません。

その商品を手に入れる事によって得られる変化やメリットが知りたいのです。

ですから、商品の特徴をズラ〜っと書くよりも、

”結果、どうなるの!?”という部分を強調した表現にする方が、

お客様は購買意欲をかき立てられるのです。

 

 

(2) 不特定多数に向けてではなく、一人の人に向けて書く

 

セールスコピーを書く時は、不特定多数のお客様に向けてではなく、

一人の人に向けて書くように文章を作りましょう。

セールスコピーは、いわば口説き文句ですから、

みんなに同じような事を言っていては、相手の心を打ち抜く事はできません。

「行きたい」「見たい」「欲しい」「話を聞いてみたい」

思わせるためには、一人の人に向けて、

表面的なことではなく、その人に伝わることを意識しましょう。

 

 

(3) キャッチコピーとセールスコピーをうまく組み合わせる

 

上記でもお伝えしたように、セールスコピーは口説き文句です。

では、キャッチコピーは!?

そう、”キャッチ”するコピーなので、振り向かせるものです。

通りがかりの人に、いきなり口説き文句を伝えても、

足を止めてくれる人はほとんどいないでしょう。

まずは、振り向かせてから、口説き文句でその先に繋げる。

これは販促でも同じ事です。

商品やサービスの説明文に、目を引くキャッチコピーを付け加えてみましょう。

 

 

(4) 難しい言葉を簡単な言い方に置き換える

 

その業界の専門用語や、大学論文のような

わかりづらい文章になっていませんか?

セールスコピーは”伝わる”ことが目的です。

売り手目線でついつい専門用語を使ってしまいがちですが、

お客様目線となって、一つ一つの言葉の表現に気をつけましょう。

 

 

(5) 曖昧な表現をしない

 

文中の表現で、「ものすごく」とか「多くのお客様から」など

曖昧な表現は避けるようにしましょう。

例えば、「1ヶ月に1000個も売れた」や、

「昨年の売上の2.7倍に増えました」など

具体的な数字を用いて表現することで、より信憑性が増します。

 

 

 

このように、売れる表現というのは、

いかにお客様の感情に訴えかけられるかが鍵となります。

 

 

自慢話をされると、あまりいい気分にならないのと一緒で、

売り手目線での伝え方では、お客様も興味を示してくれません。

 

 

ホームページでの表現は、見直してみるとまだまだ改善の余地はあります。

なかなか成約に結びつかないとお悩みの方は、

一度”伝わる内容”か、見直してみてはいかがでしょうか?

Latest Posts

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて
2019.04.01

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧客維持のアクション
2019.03.25

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧...

Latest Posts

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて
2019.04.01

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧客維持のアクション
2019.03.25

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧...

© ALIVE Co.,Ltd.