名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

ネット広告の種類を紹介します

2015/07/27 | WEBマーケティング

ネット広告の種類

こんにちは。
アライブ株式会社 代表取締役の三輪です。

アライブでは、ネット広告も運用しています。
ネット広告運用は大きくは宣伝はしていませんが、アライブのお客様にネットでより良い結果を出していただくために運用を始めて、今ではたくさんの企業の広告を運用しています。

ネット広告は色々なパターンがあり、意外とみなさんネット広告の種類を知らないことも多いのでこのメルマガで少しご紹介したいと思います。

○リスティング広告(検索連動型広告)
YahooやGoogleの検索結果の時に出現する広告です。
例えば、Googleで「代行運転 名古屋」と調べると上位1〜3つはこのリスティング広告になります。
不安定なSEOと違い自分の狙ったキーワードに広告を出すことが可能です。

 

○リマーケティング広告
あるWEBサイトに訪問した後に、そのWEBサイトの広告が、別のサイトを見ている時に表示されることはないですか?
これはリマーケティング広告といってあるホームページに訪れた人にのみ広告を表示することが可能です。
一度はホームページを訪れたので、見込み客度が高いので効果の高い広告と言われています。

 

○サーチターゲティング広告
過去にある言葉を調べたことがある人に表示する広告です。
例えば、アライブの競合が「ABCデザイン」だとします。
過去に「ABCデザイン」を調べた人に対して広告を出すことが可能です。
自社のサービスに近い会社やサービス名で調べた人に対して広告が出せるのでまだ自社のことを知らない層に対して、アプローチすることが可能です。

 

○FACEBOOK広告
FACEBOOKのフィード上に出現する広告です。
地域、年齢、性別、趣味などを細かく設定できるので、自社サービスの見込み客にリーチがしやすいです。

 

○FACEBOOK広告(リマーケティング)
FACEBOOK広告にもリマーケティングがあり、あるWEBサイトに訪れた人が、FACEBOOKを見た時に広告を出すことが可能です。

 

いかがでしょうか?
他にもたくさんの広告がありますが、今回は一部を紹介しました。
これらを設定を丁寧に行っていくと大きな効果を出すことが可能です。
今後は、WEBサイトを作るだけではなく、
SEOやネット広告、SNSなどマーケティングを駆使して
効果を上げていくことが重要なので、広告に詳しくない方も少しずつ慣れていきましょう。

Latest Posts

【SEO】2019年7月13日Googleコアアルゴリズムアップデートの影響と対策について
2019.09.16

【SEO】2019年7月13日Googleコアアルゴリズ...

ホームページ制作で起きるトラブル事例と対策
2019.09.16

ホームページ制作で起きるトラブル事例と対策

Latest Posts

【SEO】2019年7月13日Googleコアアルゴリズムアップデートの影響と対策について
2019.09.16

【SEO】2019年7月13日Googleコアアルゴリズ...

ホームページ制作で起きるトラブル事例と対策
2019.09.16

ホームページ制作で起きるトラブル事例と対策

© ALIVE Co.,Ltd.