名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-201-2525

Marketing Blog マーケティングブログ

ホームページは育てるもの!作って放置では結果は上がりません。

2014/09/02 | WEBマーケティング

ホームページは育てるもの

こんにちは!

名古屋のホームページ制作会社
アライブ株式会社の広報担当です。
 
 
 
世間には、ホームページを制作し、
完成したらそれでおしまい!と思って、
制作してから数年経っても、
ホームページは何も変わっていない。
 
 
そんな企業がたくさんあります。
 
 
 
果たして、それで本当に良いのでしょうか?
 
 
 
それで本当に結果が出るでしょうか?
 
 
 
 
 
当然、答えは「NO」ですね。
 
 
 
 
そのような企業の多くは、
「プロに任せたのだから、もう何もしなくてもいい」と思っていることが多く、
自分たちでは何もできないと思い込んでいる方が多いのが現状。
 
 
 
実は、ホームページで結果を出したいと考えているならば、
作って放置するのが、一番やってはいけないことなんです。
 
 
 
 
 
ホームページは、制作する事が大切なのでは無く、
制作してからどう改善していくのかで、
大きく結果が変わってくるからです。
 
 
 
 
いくら更新を頻繁に行っていたとしても、
ホームページ自体を見られていなかったら
あまり意味が無いですよね。
 
 
 
逆に、ホームページへ訪れる人が沢山いても、
ホームページの内容自体が薄っぺらかったり、
わかりづらいものであれば、
結果に結びつかないことだってあります。
 
 
 
 
 
ですので、きちんとホームページで結果を出したいのであれば、
常にユーザーからのアクション数(購入、問い合わせ、資料請求など)を調べて、
改善点を見つけては、修正・改善し続けて行くことが大切だと思います。
 
 
 
 
今回は、どのような手順で
ホームページを改善して行けば良いのかについてお話します。
 
 
 
 
 
 
ご存知の方も多いかと思いますが、
仕事を円滑にまわすための
「PDCA」という業務を改善するための仕組みがあります。
 
 
 
 
ホームページの改善についても同様で、
以下のような流れになります。
 
—————————-
P=「Plan」計画
D=「Do」実行
C=「Check」評価
A=「Act」改善
—————————-
 
 
 
ユーザーからのアクション(購入、問い合わせ、資料請求)を向上し続けるには、
ユーザーに対する継続的なコミュニケーションの他に、
機能面や、サイト内での回遊性、見やすさなどの改善などを
継続的に見直す必要性があります。
 
 
 
 
 
こうした改善を行っていく為には、
常に「現状の事実」を把握しながら
「本来あるべき姿」とのギャップを測り、
そのギャップを埋めるために
「計画」→「実行」→「測定」→「改善」を行っていきます。
 
 
 
 
 
ただ闇雲に、根拠の無い目標を目指して改善を行っていくよりも、
現状の数値と課題をしっかり把握したうえで改善を行う方が、
はるかに効率的で、計画的に売上げを向上させる事ができると思います。
 
 
 
 
 
ですから、何年かに一回
ホームページをリニューアルして、
ゼロからゴロッとコンテンツを見直す事もいいですが、
長期的に販促ツールとして活用し続ける為にも、
もっと短いスパンで、先ほどの「P・D・C・A」のサイクルを回していくやり方をおすすめします。
 
 
 
 
 
 
では、その「P・D・C・A」サイクル、
どのように回していけば良いのでしょうか?
 
 
例えば、離脱率(ページを見た人が他のホームページに飛んでしまう確率)が90%のページがあるとします。
おそらく、このページには何らかの問題があるのでしょう。
 
 
このページの改善としてPDCAサイクルを回すとした場合、
目標は90%の離脱率を、50%まで落とすという事にしましょう。
 
その目標を達成するために、以下のような推測を立てます。
そして、実行プランまで落とし込みます。
 
 
■推測例
「このページは文字ばかりだから読むのが面倒で離脱してしまう人が多いのではないか?」
 
 
■実行例
「文字ばかりにならないようにイメージや図を入れてみよう」
 
 
 
 
 
そして、実行プランを行ったら、
その後は定期的にアクセス解析を見て、変化をチェックしていきます。
 
 
これが「測定」の部分になります。
これによって、実行した結果、離脱率がどう変わったかを測定します。
 
 
 
 
これで上手く行けば目標達成です。
しかし考えていた結果に至らなかった場合は、
また別の推測を立てます。
 
 
 
この繰り返しを行っていくことで、
だんだん精度が高まっていき、結果に結びついてくるはずです。
 
 
このように、こまめにチェックし、改善案を絞り出して、実行。
さらに検証して〜〜〜〜と、言葉では簡単に言えますが、
実際に行うのは非常に大変なことですし、
長く続けるのもなかなか難しいことです。
 
 
 
しかし、何でもそうですが、
納得のいく結果を得ようとするのならば、
やはりそこには”手間”を掛けないと、
思った収穫は得られないというものです。
 
 
 
私自身も小さな畑をやっていますが、
苗を植えて、ほかっておくだけでは思ったように育ちません。
植える前にしっかり土を耕してあげて、
野菜によってはこまめに間引いてあげたり、
お水や肥料も、野菜にあわせて料を考えてあげるなど、
 とっても手間がかかります。
 
 
子育てだって同じですね。
 
 
 
ホームページも同じように、
手間はかかるけれども、しっかり育ててあげることが、
成果が出るホームページの秘訣ですよ!
 
 
 
是非あなたのホームページも
「手間」をかけて育てて行ってください。

Latest Posts

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧客維持のアクション
2019.03.25

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧...

マーケテイングオートメーション(Pardot)でできる事 その2
2019.03.15

マーケテイングオートメーション(Pardot)でできる事...

Latest Posts

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧客維持のアクション
2019.03.25

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧...

マーケテイングオートメーション(Pardot)でできる事 その2
2019.03.15

マーケテイングオートメーション(Pardot)でできる事...

© ALIVE Co.,Ltd.