名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のスタッフ紹介

052-684-5558

Staff スタッフ紹介

堀 佳奈絵
Photographer

堀 佳奈絵

Kanae Hori

出身地 愛知県半田市
血液型 A型
趣味 旅行
好きな
アーティスト

BIGBANG(ジヨンペン♡) 

前職ではウェディングを中心とした式場・スタジオカメラマンとして多くの撮影を手がける。カメラマンとしての幅を広げるためWeb業界へ転職後は、撮影ジャンルの幅を広げるだけでなく、Webマーケターとして広告運用・Web解析・サイトの改善案を行う。人物を入れた撮影・住宅撮影・商品撮りには定評があり、アライブ社員・クライアントからの信頼も厚い。Webマーケティングで得た経験から広告のクリック率やコンバージョン率を上げるための写真撮影も得意としている。

Q.1 現在のポジションを教えてください。

私は、社内で唯一の専属カメラマンを担当しています。
ホームページで使用する写真をメインに、様々な媒体に掲載する写真やリクルート用写真など、オールマイティーな撮影を行なっています。

写真が与えるイメージは会社のブランディングイメージに大きく影響します。
私は、お客様のブランディング価値を上げるような写真撮影を常に意識しており、その媒体を見るエンドユーザーに興味を持っていただけるような写真を丁寧に撮影しています。

close

Q.2 仕事で大切にしていることは何ですか?

私の場合、撮影するジャンルが幅広いので、各ジャンルでの被写体をいかに見せたい姿で捉えるかをいつも考えながら撮影しています。

被写体が人ならば、その人の内面を感じていただけるような写真であったり、食べ物の撮影であれば、見た人が一瞬で「食べたい!」と思っていただけるようになど、シチュエーションごとで意識する点は違いますね。

ただ、1人のフォトグラファーとしてどんな撮影でも共通して大切にしていることは、目の前にあるストーリーを色褪せない形で残すということ。

住宅の施工事例などは、そこに住まう家族の幸せな空間、そして家族の絆や笑顔、現場でしか感じられないストーリーがあるんです。
それを写真という形で見る人に感じていただけるよう、レンズを通して一瞬一瞬を切り取っていくのが私の使命だと思っています。

close

Q.3 やりがいのあったプロジェクトを教えてもらえますか?

これまでに多くの撮影を担当させて頂きましたが、美容系のお仕事はカメラマンが女性であるということで、クライアント側も安心して任せてくださり、納品させていただいたサイトを見て嬉しいお言葉をいただけました。

他にも嬉しいお言葉をいただいた事例は多々ありますが、写真の世界には「正解」がないので、常に探究心を持って追求していかなければなりません。

ですから、大好きな写真のことを考えながらより良くするための勉強をしたり、チャレンジしたことのないジャンルに挑戦してみたりなど、ベストを追求している時はやりがいを感じます。結果としてお客様に喜んでもらえれば尚嬉しいです。

close

Q.4 アライブで働こうと思った理由は?

以前はブライダルフォトや式場での撮影を手がけるウェディングカメラマンをしていました。
その当時は、撮影した写真を私が選定・加工などを行いアルバムを作っていたのですが、それが割と評判が良く、もっと良いものを提供したいと思ったのがきっかけです。

当時の私は、Photoshopは使えたものの、使いこなすほどの技術はありませんでした。そこで、より撮影に関するスキルの幅を広げたく、アライブへの入社を決めました。

アライブでは、ウェディングカメラマン時代とは違い、様々な業種の撮影を経験することができたので、当初の目的である写真補正などの技術の他にも、フォトグラファーとしての幅も広げることができました。

close

Q.5 アライブの社風はどうですか?

アライブの社風として、基本的に社員がチャレンジしてみたいことに対して、応援してくれる姿勢があるので、自分のやってみたいことを実現しやすい環境だと思います。

今後はこれまで以上に写真に対して高いクオリティーを求められるようになってくると思います。
そうした時に、アライブの専属カメラマンとしてもっとたくさんの業種やジャンルの被写体に対応できるオールマイティーなカメラマンが必要とされると思うので、現状に満足するのではなく、どんどん新しいジャンルの撮影に挑戦していかなければならないと感じています。

実際に現在、撮影の幅をもっと広げるために、飲食店へお邪魔して料理の写真を撮らせてもらうなど、個人で撮影の練習の機会を設けたりもしています。
こうした動きに対して、アライブは積極的にバックアップをしてくれるので、私のやりたいことを叶えてくれています。

close

Q.6 今後、堀さんが目指していきたいことは?

今後の目標は、カメラマンとしてのスキルを磨いていくのはもちろん、写真を通じて伝えられるものがまだまだあると思うので、そうしたメッセージ性のある写真を今後も撮っていきたいです。その場の空気感を届けられる写真を…

それと、フォトグラファーとしての仕事の依頼も増やしていきたいと考えています。Webサイトの制作に伴う撮影だけでなく、写真撮影単体でのお仕事が増えると嬉しいです。

close
© ALIVE Co.,Ltd.