名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

Google for jobとは? 掲載方法と特徴

2019/01/08 | Google jobs

川口 満

Writer川口 満

Web Marketer / SEO Specialist

google jobs

こんにちは!WEBマーケティング部の川口です。

12/27の日経新聞でも掲載されていたように、ついにGoogleが求人事業に参入となりました。

今回は、今後の求人対策に大きな影響を与える「Google for jobs」の情報をお届けします。

 

2018年の求人サービスは「indeed」が大きくシェアを伸ばしましたが、2019年は「Google for jobs」が台風の目となりそうです。

「Google for jobs」って何?という方、indeed対応で出遅れてしまった方、まだ間に合いますので、情報収集・対策を急ぎましょう!

 

1.Google for jobsとは

Googleが新たに開始した求人検索サービスです。
インターネット上に存在する求人情報を取得し、求人を探しているユーザーに表示させるものです。

ユーザーが「〇〇 求人」など求人関係のワードで検索した際に、検索結果に特別枠で求人リストを表示させます。

職種などでも絞り込みが可能で、詳しく知りたい場合は、求人情報提供元のサイトにも移動できます。

広告エリアと自然検索エリアの間に表示されますので、ユーザーの目に止まりやすく、より多くのユーザーに見てもらえる可能性が高くなります。

※2019年1月7日現在、日本ではまだテスト段階ですが、2018/12/27の日本経済新聞でも掲載されたように、2019年1月から提供が開始されることになりました。

 

2.Google for jobs 7つの特徴

①求人関係のワードで検索された際に表示

Googleで「美容師 求人」「整備士 求人 名古屋」「企業名 求人」「アルバイト 求人」「時給◯◯円以上 アルバイト」といった求人関連のワードで検索した際に表示されます。

 

②検索結果の目立つ場所に表示

自然検索結果の最上部に表示されるので、ユーザーの目に止まりやすくなります。

現在では、indeedが上位を占めていますが、indeedよりも上部に表示されることになります。

 

③表示される求人案件数は3件

3件しか表示されず、4件目以降は「他◯件の求人情報」をクリックすることで表示されますので、必ずしも検索結果3件に表示されるわけではありません。

「求人情報」と「検索ワード」がマッチしているかが上位表示の基準となってくるので、零細・中小企業にとってもアクセスUPにつながる可能性があります。

 

④色々な条件で絞り込みが可能

業種や地域、投稿日、形態、企業名などで求人情報を絞り込むことができます。

 

⑤求人情報を保存できる

Googleアカウントでログインしている場合、気になった求人情報を保存することができます。

スマホでチェックして、パソコンでじっくり検討することもできます。

 

⑥メールで通知

条件に合った求人が公開された際に、メールで通知されます。

 

⑦条件をクリアしないと掲載されない

自社サイトの求人ページをカスタムするか、求人サイトに登録する必要があります。

 

3.Google for jobsへの掲載方法

掲載方法としては下記の2つになります。

 

①自社サイトをカスタム(マークアップ)

②求人サイトに登録

 

①自社サイトをカスタム(マークアップ)

自社の求人ページを「schema.orgのJobPosting」を利用してカスタム(マークアップ)すれば、Googleロボットがページを読み込んだ際に、情報を取得し検索結果に表示されます。

※正しくマークアップするだけでなくガイドラインに準拠していることが条件となります。

 

▼Google for Jobsガイドライン

https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting#guidelines

 

②求人サイトに登録

自社サイトでのマークアップが出来ない場合は、FacebookやLinkedInなどのGoogleと提携している求人サイトに登録すれば掲載されますが、日本ではどういったサイトが該当するかはまだ公表されていません。

Google for Jobsを利用することで、理想の求職者を採用できる可能性が上がりますが、AIに選ばれるためには、求職者に求めるスキルや資格、条件、募集概要を明確に詳しく記載する必要があります。

検索ワードと記載事項がマッチしているかが上位表示の基準なので、中小、零細企業にもチャンスがあります。

求人ポータルサイトを運営されている企業様は、特に影響が大きいので、お早めにご相談下さい。

 

今回のブログは以上になります。

本記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご高覧いただきありがとうございました。

 

参考:日本経済新聞 12/27

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3945023027122018916M00/

 

 

川口 満

Writer川口 満

Web Marketer / SEO Specialist ブログ プロフィール

SEOやWebマーケティングを独学で勉強し、SEOコンサルタントやGAIQなどの資格を取得。現在はSEOやアクセス解析、ネット広告などを扱うWebマーケティング部に在籍。半歩先を考えながらクライアントさんを伴走サポートすることを心がける。派手な施策よりもコツコツ地味で確実な施策を好む傾向あり。

SEOやWebマーケティングを独学で勉強し、SEOコンサルタントやGAIQなどの資格を取得。現在はSEOやアクセス解析、ネット広告などを扱うWebマーケティング部に在籍。半歩先を考えながらクライアントさんを伴走サポートすることを心がける。派手な施策よりもコツコツ地味で確実な施策を好む傾向あり。

Latest Posts

データ整理できていますか?Pardotを始める前に準備しておくといいこと①
2019.07.02

データ整理できていますか?Pardotを始める前に準備し...

更新する時間もないし、人もいない。どうすればいいの?
2019.06.17

更新する時間もないし、人もいない。どうすればいいの?

Latest Posts

データ整理できていますか?Pardotを始める前に準備しておくといいこと①
2019.07.02

データ整理できていますか?Pardotを始める前に準備し...

更新する時間もないし、人もいない。どうすればいいの?
2019.06.17

更新する時間もないし、人もいない。どうすればいいの?

© ALIVE Co.,Ltd.