名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

私たちは、「企業の成長促進剤」なので、日本の未来のためにも「いい会社」を支援していきたい

2011/08/31 | マーケティング全般 | 経営全般

企業の成長促進剤

こんにちは、アライブ株式会社 広報担当の田原です。

まだまだ残暑が厳しく、本格的な秋は遠く感じますね。
台風も接近しているようなので、皆さんどうぞお気をつけ下さい。

さて、弊社で毎月行っておりますセミナー
「いい会社を創ろうワークショップ」ですが、
今月は先週金曜日(26日)に開催致しました。

今回は、総勢27名の方にご参加頂き、「沖縄教育出版」様に
スポットを当て、参加者全員でいい会社の在り方を学びました。
参加者一人ひとりの考え、そして前向きな想いをディスカッションし、
とても有意義な時間を共有することが出来たのではないかと思います。
因みに、次回のセミナーは、9月22日(木)19:00~
(トキワランバッティング株式会社 名古屋市金山にて)
となっておりますので、ご興味のある方は是非ご参加下さい。

ところで、弊社がこのように「いい会社創り」を推進する訳は
何だと思いますか?

企業の目的は、一つは利益を得ることでもありますが、
勿論それだけではなく、その前提には社会に対する貢献、
つまりは『社会的意義』が必要だと考えます。
社会に目を向け、社会に還元する気持ちを持つことと同時に、
自社の社員に向ける姿勢や思いやりが生まれ、
やがては社員へのモチベーションアップとなり、結果、生産性に繋がる。
そして、お客様に対しても、より高いサービス、
ご満足頂ける情報を提供することが出来、
ひいては高収益になるといった相乗効果が期待出来ると考えます。

「いい会社」の一例として、離職率が低いことも確かです。
経営者が社員に与える愛情と、それに応えよう、貢献しようとする
社員の気持ちがそこに生まれ、互いに信頼感が湧くのです。

社員を育てるには、長い教育が必須となります。
ただ、社員に対して一生懸命指導をしたところで、
社員が辞めてしまっては、また新たな社員に対する
一からの教育が必要となってしまいます。
社員が辞めていく量が多いということは、
じっくりかけていた時間と資金の投資を無駄にすることになり
それでは、会社にとって不利益になることは言うまでもありません。
いい会社創りをしている会社はこのことを熟知しているので、
社員が無駄に流出せず、高いモチベーションで社員が働き
社会に貢献していっているのです。

私たちは、こういった「いい会社」あるいは「いい会社創り」
を目指している企業を応援することによって、
よりよい日本、そして世界にしていければと思っています。

私たちのように広告やデザイン、そして販売促進を行う会社は、
例えるなら、植物を育てる時に、「栄養剤(成長剤)」と同じだと思います。
植物に成長剤を投与すれば、通常よりも早く成長することができます。
私たちも、企業の「成長促進剤」ですので、
私たちを上手に使えば、企業の成長を早めることができます。

ただ、一つネックなのが、その行為は「いい会社」に対しても
「そうでない会社」に対しても同様に働きかけが出来てしまうということです。
つまりは、いずれの企業に対しても成長剤として与える役割を担う訳ですから、
「いい会社」も「そうでない会社」に対しても
同様に成長をさせることができてしまうのです。

ですから、私たち、デザイン・販促を手がける企業が
適切な倫理観を持ち、どの企業も成長させて良いのではなく
「良い経営を行っている企業」や「社会貢献している企業」を成長させていくことが
とても重要な役割なのではないでしょうか?

その為には、常に倫理観を持ち、正しい方向性を持つことが
必要ではないでしょうか。

ですので、私たちが「いい会社」に対しての
成長促進剤となり、いい会社がどんどん日本で活躍するようになれば、
とても面白い日本になっていくと思います。
そんな日本を作っていけるよう、私たちも頑張っていきたいと思います!

Latest Posts

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて
2019.04.01

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧客維持のアクション
2019.03.25

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧...

Latest Posts

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて
2019.04.01

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧客維持のアクション
2019.03.25

ホームページから成果を出すための新規獲得のアクションと顧...

© ALIVE Co.,Ltd.