名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

採用活動にも役立つ世界最大級のビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクトイン)」とは?!

2021/09/13 | SNSマーケティング

大島 麻美

Writer大島 麻美

Publicity

はじめに

こんにちは、広報担当の大島です。

今回は、ビジネスに特化したSNS、Linked in(リンクトイン)についてお伝えしたいと思います。

ここ最近では東南アジアをはじめ世界中でリンクトインを使った採用活動がメジャーになりつつあるといいます。

採用活動に活用することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

それでは、リンクトインについて詳しく見ていきましょう。

 

 

採用活動にも役立つビジネスSNS「Linked in」とは?!

リンクトインはビジネスに特化したSNSで、世界で6億人を超える登録者数を誇るといいます。

<Linkedin公式サイト> https://jp.linkedin.com/

 

また、某マーケティング会社の調査によると、リンクトインは4000万人以上の学生・新卒者が登録しており、アメリカ、イギリス、カナダ、インド、ブラジルといった国々でのユーザー数が多い傾向にあるそうです。

アメリカやヨーロッパ以外に、アジアにも多くのユーザーが存在しており、求めている人材とマッチングできる可能性が多いと予想されるのです。

リンクトインは、Facebookと同じように実名での登録になります。

さらに、職種・学歴・職務経歴・スキルなどこれまでのキャリア情報を登録することができるので、仕事で関わる人たちと繋がることができると言うわけです。

 

 

リンクトインはどのように活用されている?!

リンクトインには、ビジネスパートナーを探す人や自分のスキルや職歴・経歴をアピールすることで就職または転職をしたいと考えている人が多く登録しているようです。

また、企業としても欲しい人材や即戦力を探しやすく、そうした人に直接アプローチすることができるというメリットもあって、多くの企業も活用していると言われています。

 

もちろん、人材探しだけではなく自社ページを訪れる人に向けたマーケティング活動にも役立てられ、自社ブランドを多くの人に周知する目的にも役立てられます。

さらに、SNSですから各企業や個人からリアルタイムで情報発信がなされています。ですから、仕事に役立つ情報収集をするという目的にも活用できますね。

 

わかりやすくまとめると、主にこのような目的で活用する人が大多数と言えるでしょう。

1、自分のプロフィールの発信
2、社会的な人脈作り
3、経営者などと直接繋がる
4、業界や企業の情報を収集する
5、ビジネスにおけるパートナー探し
6、優良な人材や即戦力を見つける

 

 

転職や採用活動に利用できる独自の機能

リンクトインのプロフィールは、氏名・メールアドレス・勤務先だけではなく、自身のスキル職務経歴なども登録することができるビジネスに特化したフォーマットとなっています。

リンクトインを通じて求人に応募することも可能なので、企業としては採用活動の時だけでなく日頃からリンクトインに登録しておくことで求職者の目に止まるチャンスを増やすことができると言うわけです。

 

さらに、世界中のユーザーが登録しているので、グローバルな人材獲得のチャンスがあるといえるでしょう。

自社独自の採用サイトや国内の人材サービスなどは主に国内の人向けなので、国内に限らず海外の有力な人材を積極的に採用していきたいと考えている企業は、求めている人材に出会えるチャンスが広がるかもしれません。

 

企業ページに求人を掲載できる

企業ページでは、自社の紹介やプロフィールに加え、求人を掲載することができます。

それにより、興味を持って企業ページを訪れた人に自社で求人していることをアピールすることができます。

会社に興味を持ってアクセスしてくれる人は、求人にも興味がある可能性が高いので、直接アプローチできるのは効果的ですよね。

 

ただ、企業ページの掲載には、「無料版」と「有料版」がありますので注意が必要です。

無料版では、リンクトイン上から直接求人応募ができません。自社の求人ページなどのURLを貼るなどして動線を用意する必要があります。

 

一方、有料版では無料版の機能に加えて、写真を用いた詳しい会社紹介や社員紹介、フォトギャラリーやブログなど、よりその企業のことを知ることができる情報を多く掲載できるようになっています。

もちろん、リンクトインから直接求人応募も行えるようになりますので、採用活動に活用したい企業は有料版の利用がおすすめかもしれません。

 

検索機能で求める人材を探せる

検索機能が備わっており、業種や職種、スキルなど登録されたキャリア情報から絞り込みを行うことができます

また、検索結果でお目当ての候補者が見つかった場合、求人広告の配信やスカウトメールの配信を行うことができます。

競合他社の人材を検索することもできます。

競合他社の人材を検索し、直接コンタクトを取れるのもリンクトインの大きな特徴です。

通常ではコンタクトを取るのが難しい競合他社の人材にもスカウトメールを配信することができるうえ、競合他社の人材構成などを把握することもできるようです。

競合他社がどんな人材をどれぐらい採用しているかもわかるようで、その他にも競合他社にどれだけのエンジニアがいるかや、人材の年齢、ポジション、社内構成はどうなっているか、どんな経歴スキルを持った人が多いのかなど、詳細な情報も把握できるようになります。

 

また、自社から転職した人材が競合他社に流出していないかなどもわかるそうです。

かなり詳細な情報まで検索できるので、人材探しには役立ちそうな機能ですね。

 

求人広告の配信・スカウトメールの配信ができる

リンクトイン内のホーム画面のフィードや求人ページ、リンクトインから送られてくるメールに広告を掲載することができます。リンクトインの登録者は、学歴・職歴・保有資格などを登録しており、それを元にターゲットを絞って広告配信を行うことができるのです。

 

リンクトインの広告には、以下のように多くの配信方法があります。

  • スポンサード求人広告
  • スポンサードコンテンツ
  • テキスト広告
  • スポンサードインメール
  • ダイナミック広告
  • ディスプレイ広告

 

また、検索機能で見つけた人材にスカウトメールを送ることができます。

スカウトメール機能を使うには、リクルーターライセンスというプランを購入する必要がありますが、本気で人材を探したい企業の方はそこに経費をかけるのも悪くないかもしれません。

スキル・会社名・役職・所在地など個人の細かな情報が登録されているリンクトインだからこそ、本当に求めている人材に直接スカウトメールを送りアプローチすることができるという点は、メリットですね。

 

 

日本国内での利用者登録はまだまだ少ない現状

世界中で利用者数を伸ばしているリンクトインですが、全体の登録者数が6億人を超える中で、日本におけるユーザー登録数はわずか200万人前後と、まだまだ利用者が少ないことが懸念されるところです

順位としては、アメリカ、インド、中国、ブラジル、イギリスという順に多くのユーザー数を誇っており、1位のアメリカでは約1億7000万人のユーザー数となっています。

ビジネスに特化したSNSであり、採用に役立つ機能や使い勝手の良さもあって、採用活動に役立てたいと思う方も多いと思いますが、やはり日本での利用者数がFacebookなどと比べると少ないと言う点はやはりネックでしょう…

日本国内での採用であれば、やはり現状は日本国内での利用者登録はまだまだ少ない現状。

(ビズリーチ)やindeed(インディード)といったサービスが優勢かもしれないですね。

 

 

日本の企業がリンクトインを活用するメリットは?!

では、日本の企業はリンクトインを使うメリットはない?と思われるかもしれません。

もちろん、先ほどもお話ししたように国内での利用者数はFacebookなどに比べると多くありませんし、国内における求職者とのマッチングは確率的に低いかもしれません。

しかし、このようなメリットもありますので、一部の企業にとっては使うメリットはあるといえるのではないかと思います。

 

採用におけるメリット

人材の採用の面におけるメリットはやはり、人種・国籍を問わずグローバルな採用活動を展開することができると言う点ではないでしょうか。

仕事においてもデジタル化が進み、リモートワークが今では当たり前の時代。

場所にとらわれない働き方がどんどん広がっている現代だからこそ、オフィスで一緒に仕事をするのではなく、海を越えた先にいるスタッフとも共にビジネスを進めていきたい企業にとっては、リンクトインを使った採用活動はメリットがあるかと思います。

海外の先進的な技術やアイディア、考え方など、海外のスタッフを採用することによってビジネスの進化や発展を目指したいという企業はリンクトインを活用してみるのもおすすめです

 

マーケティングにおけるメリット

リンクトインをマーケティングの一環として見るならば、海外市場に向けて自社をアプローチできるというメリットが考えられます。

企業ページでは自社の商品やサービスなど詳細を掲載することができるので、海外を視野にマーケティングを行いたい企業は全世界のビジネスパーソンが登録しているリンクトインを通じて自社のPRを行うことができるのではないでしょうか。

また、SNSですから各企業の最新情報も得ることができます。

各国の企業の情報や取り組みなどを見ることができ、そうした情報を自社の活動に役立てることもできるのではないでしょうか。世界各国の情報を得る場所として、マーケティングに役立てるのも一つかと思います。

世界のマーケットをリアルタイムで見ることで学び活かしていくという目的でも使って見る価値はあるのでは?

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

より効果的な機能を使うには有料にはなりますが、自社が求める人材を高い精度で検索することができ、リンクトインの機能として広告やスカウトメールを送ることができるという点は、かなり企業にとって使ってみるメリットが大きいのではないでしょうか?

また、他の転職サイトや求人サイトにはいないような潜在層が多く存在しているのも、リンクトインの大きな特徴です。攻めの採用を試みてみたいという企業は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか

日本ではまだまだ利用者数も認知度も低いとされているリンクトインですが、今後国内での利用者数も増加していくと予想されており、20代〜30代の若手ビジネスパーソンの間で流行っていくのではないでしょうか?(予想ですが…)
無料でも始められるサービスなので、興味のある方はまず登録して見るのもアリですね!

大島 麻美

Writer大島 麻美

Publicity ブログ プロフィール

創業して間もないアライブ初期メンバーの一人。代表である三輪と音楽を通じて知り合い入社。アパレル事業であるボクサーパンツブランドの運営を任される。そこで売上管理・マーケティング・販促計画など、管理者としてのスキルを磨く。その後、代表・三輪の右腕として仕事のいろはを学び、ディレクターを経て広報担当へ。産休を終えて復帰後、自社サイトのブログ執筆活動など主にライターとしての役割を担う。

創業して間もないアライブ初期メンバーの一人。代表である三輪と音楽を通じて知り合い入社。アパレル事業であるボクサーパンツブランドの運営を任される。そこで売上管理・マーケティング・販促計画など、管理者としてのスキルを磨く。その後、代表・三輪の右腕として仕事のいろはを学び、ディレクターを経て広報担当へ。産休を終えて復帰後、自社サイトのブログ執筆活動など主にライターとしての役割を担う。

Latest Posts

採用活動にも役立つ世界最大級のビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクトイン)」とは?!
2021.09.13

採用活動にも役立つ世界最大級のビジネス特化型SNS「Li...

“見た目で勝てる”文章術
2021.09.07

“見た目で勝てる”文章術

Latest Posts

採用活動にも役立つ世界最大級のビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクトイン)」とは?!
2021.09.13

採用活動にも役立つ世界最大級のビジネス特化型SNS「Li...

“見た目で勝てる”文章術
2021.09.07

“見た目で勝てる”文章術

© ALIVE Co.,Ltd.