名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

知っておかないと怖い!ホームページ制作に関する著作権の話

2019/08/30 | Webサイト制作

大島 麻美

Writer大島 麻美

Publicity

ホームページの著作権は誰のもの

はじめに

ホームページを制作では、多くの写真やイメージ画像が使われます。

当然ですが、それら一つ一つに著作権が発生しており、勝手にコピーして使用することはできません。

万が一、著作権を無視してそれらの写真や画像を勝手に使ってしまうと、懲役刑もしくは罰金刑が課せられることも…

また、ホームページを制作した後、発注者側からすると「こちら側に著作権があると思ったら違った!」みたいなこともよく起こります。

今回は、制作者側も、お客様側も知っておかないと怖い「著作権」についてお伝えしたいと思います。

 

著作権とは?

著作物を創作した人を「著作者」、著作者に対して法律によって与えられる権利のことを「著作権」と言います。

著作権とは、知的財産権の一種で、著作者に対して、著作物を無断で使用されたり、変更されたり、コピーされないなどの権利のことを指します。

著作権法では、「思想・感情を創作的に表現したもので、文芸・学術・美術または音楽の範囲に属するものをいう。」となっており、定義としては以下に当てはまるものとされてます。

・思想・感情

・表現者が創作したもの

・表現したもの

・文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの

 

 

ホームページは誰の著作物?

 

まず、原則として、創作的な活動によって生み出されたものは、「著作物」です。

ですから、ホームページ自体も創作的な活動によって生み出されたものと考えると、著作物に値すると考えて良いでしょう。

つまり、ホームページ制作において「著作物」と見なされる可能性が高い

写真

イラスト

テキスト

サイト構成

ワイヤーフレーム

動画

音声、BGM

などが創作された段階で、ホームページ制作会社に著作権が発生することになります。

制作側に著作権があるものに対しては、ホームページ制作を依頼したお客様であっても、上記を引用したり別の業者へ引き継いだりしてはいけません。

ただ、著作者財産権は譲渡が可能ですので、契約時に譲渡の契約を結んでおけば、お客様側で使用することも可能となります。

このような契約を結ばない限りは、基本的には制作側の著作物であるということを認識しておきましょう。

 

ホームページ制作の著作権に関する注意点

1.ホームページ納品時に制作データはお客様へ提供されません

ホームページ制作を依頼されたお客様で、希に「制作時のIllustratorやPhotoshopのデータもください」という方がみえます。

しかし、著作権の観点からするとそれはできないのです。

著作権は、自動的に「制作した人に著作権が与えられる権利」のこと、という定義があります。

ですからこの場合、制作をした制作会社側に著作権があるということになります。

お客様は安易に「ホームページの納品=データ全てをもらえる」と考えてしまいがちですが、そうではないことを覚えておきましょう。

 

2.ホームページ制作の素材は、ネット上にあるものを使用してはいけません

ホームページ制作を行う中で、お客様側に素材の提供を求めることがあります。

例えば、サイト内のテキストや画像、写真など。

これらをご用意いただく際に、著作権についてあまり知識がないお客様は、うっかりネット上で検索して出てきた写真などを無断で使ってしまうというケースがあります。

基本的に、ネット上にある写真および画像等のデータを引用することは著作権に引っかかる行為で、それをホームページ制作に使用することはNGとされています。

ホームページ制作の際、必要な素材を求められたら、使用可能なものかどうか、担当者に確認しましょう。

 

3.写真撮影を行う際は、著作権を意識して撮影しましょう

自社で写真を撮影する場合も、制作会社側が撮影する場合も、著作権に気をつけなければなりません。

写ってはいけない建物や看板が入っていないか写っている人物に承諾を得ているかなど、注意して撮影する必要があります。

また、制作会社側が撮影を行った場合、冒頭でもお伝えしたように、権利の譲渡など手続きをしない限りは、お客様側には著作権はありません。

ですから、お客様のホームページ制作のために撮影した写真であっても、無断で使用することはNGです。

 

4.素材を使用する場合、制作側・お客様、どちらが購入するかを明確にしましょう

素材を購入してホームページ制作のイメージとして使用する場合、制作側か、お客様側、どちらが購入するかをあらかじめ決めておきましょう。

なぜなら、購入した写真素材の著作権は、購入者側に付いてしまうからです。

もし、制作側が購入手続きをした場合、お客様側ではその写真を別の媒体などで無断に使用することはできません。

今後、別の媒体での利用予定がある場合は、お客様側で素材の手配を行い、それを制作会社に提示しましょう。

その際、一つ気をつけていただきたいのが、自己判断で写真を選定・購入はしないでほしいということです。

写真やイラストはサイト全体の雰囲気に大きく関わります。

素材はデザインの要になりますから、お客様側で素材を購入される際は、必ずデザイナーの確認およびチェックをお願いしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?実は見逃されがちな「著作権」のお話。

今回は基本として知っておいてほしい要点をまとめました。

著作権については、判断が難しい点も非常に多く、今回は画像について主にお伝えしましたが、実はホームページ制作の過程でのディレクションから始まり、キャッチコピーサイトのレイアウトフォント配色など、それぞれに著作権があります。

つまり、オリジナルで制作されたこれらを安易に扱うことは禁止されており、発注したお客様の立場であっても使えないという事実を知っておいていただければと思います。

後々、著作権を巡って大きなトラブルにならないためにも、ちょっとだけ知識として頭に入れておきましょう。

大島 麻美

Writer大島 麻美

Publicity ブログ プロフィール

創業して間もないアライブ初期メンバーの一人。代表である三輪と音楽を通じて知り合い入社。アパレル事業であるボクサーパンツブランドの運営を任される。そこで売上管理・マーケティング・販促計画など、管理者としてのスキルを磨く。その後、代表・三輪の右腕として仕事のいろはを学び、ディレクターを経て広報担当へ。産休を終えて復帰後、自社サイトのブログ執筆活動など主にライターとしての役割を担う。

創業して間もないアライブ初期メンバーの一人。代表である三輪と音楽を通じて知り合い入社。アパレル事業であるボクサーパンツブランドの運営を任される。そこで売上管理・マーケティング・販促計画など、管理者としてのスキルを磨く。その後、代表・三輪の右腕として仕事のいろはを学び、ディレクターを経て広報担当へ。産休を終えて復帰後、自社サイトのブログ執筆活動など主にライターとしての役割を担う。

Latest Posts

【これからgoogleディスプレイ広告を作成する人向け】googleディスプレイ広告におけるターゲティング方法
2019.11.20

【これからgoogleディスプレイ広告を作成する人向け】...

Web広告専門用語 ちょこっとステップアップ編
2019.11.19

Web広告専門用語 ちょこっとステップアップ編

Latest Posts

【これからgoogleディスプレイ広告を作成する人向け】googleディスプレイ広告におけるターゲティング方法
2019.11.20

【これからgoogleディスプレイ広告を作成する人向け】...

Web広告専門用語 ちょこっとステップアップ編
2019.11.19

Web広告専門用語 ちょこっとステップアップ編

© ALIVE Co.,Ltd.