名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-201-2525

Marketing Blog マーケティングブログ

消費者の行動は常に変わり続けている

2014/01/09 | 経営全般

変わり続ける

アライブ株式会社 代表取締役の三輪です。

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

年始の休みに

妻とアウトレットモールに車で行くことなりました。

ドライブ中に音楽を聴きたかったのですが、

お互いのiPhoneを換えたばっかりで

iTunesに音楽が全然入っていませんでした。

 

しかし、妻が「iTunesに音楽が入っている必要はないよ。

YouTubeで聞けるからそれでいいじゃん」と言って、

ドライブ中は妻がYouTubeで曲をセレクトしてくれて

楽しい時間を過ごす事ができました。

 

ここ数年、CDが売れなくなり、

ネットで曲をダウンロードして買うようになっていきましたが、

アメリカでは「曲をダウンロードして買うのも減ってきている」という

最新データがありますが、

妻の行動を見て「これが新しい消費者のスタイルか」と腑に落ちました。

 

僕の家にはテレビがないですが、

妻は子供にパソコンやiPadでアニメを見せています。

YouTubeにも問題がないくらいアニメが揃っているので、

それでこと足りるのです。

わざわざテレビ局に内容も時間も制約のあるテレビ番組を見なくても、

自分達が見たいものをDVDで買って揃えなくても

無料で自分たちの見たいものをいつでも好きな時に見る事ができます。

 

僕はCDやDVDという物質に不便さを感じて

ほとんどダウンロードでデータを持っていますが、

まだ「購入」してデータは持っていました。

CDやDVDからデータに変わりましたが

「音楽や映像に対する所有欲」はまだあるなと思います。

 

しかし、僕より少し歳が若い妻だと

「所有欲」もなく、

「今現在の音楽や映像の欲求を満たせれば

有料、無料、所有するしないはどちらでもいい。

そして無料のもので十分満たせるのであれば、それで十分」

という感覚なんだなと感じます。

 

「これは一部分の人達の行動でしょ?自分には関係ない」

と思うかもしれませんが、

僕はこういった消費者の少しずつの行動の変化は

見逃していけないと思っています。

 

「ネット通販に家電販売は負ける訳がない」と

言っていたヤマダ電機は、

消費者の「店舗で家電をチェックしてから、ネットの一番安いところで買う」

という行動に苦戦を強いられて、赤字に転落しました。

 

もしかしたら、妻のような行動が増えることで

苦戦を強いられる業界が増える可能性は大です。

 

また、別の消費者の行動の変化でも

いきなり自分の会社の売上が変わってしまう可能性も大です。

 

「ネットの普及で消費者の行動が変わった」と

ずっと言われていますが、それは正しくなく

「ネットによって、現在進行形で消費者の行動は常に変わり続けている」

のです。

 

ですので、消費者の行動は以前よりも

とてつもなく早い速度で変化し続けているので、

気楽に構えず、常に消費者の行動には感度を高く持っていたほうがいいと思います。

Latest Posts

マーケテイングオートメーション(Pardot)でできる事 その2
2019.03.15

マーケテイングオートメーション(Pardot)でできる事...

結果が出ないホームページの初歩的な7つのミス
2019.03.11

結果が出ないホームページの初歩的な7つのミス

Latest Posts

マーケテイングオートメーション(Pardot)でできる事 その2
2019.03.15

マーケテイングオートメーション(Pardot)でできる事...

結果が出ないホームページの初歩的な7つのミス
2019.03.11

結果が出ないホームページの初歩的な7つのミス

© ALIVE Co.,Ltd.