名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

会社変革の決断は社長である。私たちではない

2016/06/03 | 経営全般

決断は社長

 

こんにちは。
アライブ株式会社 代表の三輪です。

 

私たちは、お客様企業の成長をデザインとマーケティングでサポートしていっているので、
様々な企業の問題の相談にも乗ります。

 

その中でたまに会社の変革を外部にだけ負わせ、

社長自体は変わろうとしないことがあります。

 

「会社の問題点を率直に教えてほしい」

 

ということで、率直にお伝えする時に
マーケティングのことであれば、私たちがお手伝いできるのですが、
商品の問題や組織の問題を追及すると、

 

「商品のことは問題じゃない」
「組織のことは関係ない」
「マーケティングでどうにかしてほしい」
「プロだから御社で解決してほしい」

 

みたいなことを言われたり、

 

「商品が時代に合っていないことは分かった。じゃあどうしたらいい?」

 

と聞かれたので、
市場は今こうです、消費者はこう変わっています、
このセグメントに合わせて商品を作ったらいかがですか?
と助言すると

 

「助言だけ言われても分からない。
具体的に商品をどうすればいいかを聞いているし、そうしないと新商品を開発できない」

 

と答えが返ってくることがあります。

 

私たちもデザイン、マーケティングのプロとして
その部分は責任を負って遂行しますが、
商品チェンジ、組織変革というのはとても大きな経営判断になるので、
それを外部の私たちがしてはいけないと思っています。
それをするのは、会社の長である、社長の仕事です

 

しかし、言葉では変革が必要と言っているけれど、
今までのやり方にしがみつき、変わろうとしない社長も意外と多いと感じます。
自分で変革できないので、外部に依存したり強要していて、
いろいろな外部のプロに依頼するけれど、そのようなスタンスなので
どの外部プロとも上手くいかず、
すぐに別のプロを探すということを続けてしまっているように思います。

 

常に成長する社長、危機を乗り切れる社長は、こちらが助言すると

 

「いい話をありがとう!非常に参考になった!
その意見を参考にすぐに自分が指揮をとり、会社を変革するよ!」

 

と情報を自分で取捨選択し、自分で決断し、自分で実行していきます。

 

私も会社を経営しているので分かるのですが、
会社を成長させる、変革させるための決断ができるのは、
外部でもないし、社員でもないし、社長しかないです。

 

私たちは常にお客様のために仕事をしていきますが、
社長の右腕として、マーケティング領域を任せていただきながらも
総合の経営は、社長が舵取りをしていってもらえればと思います。

Latest Posts

更新する時間もないし、人もいない。どうすればいいの?
2019.06.17

更新する時間もないし、人もいない。どうすればいいの?

クライアント様には知っておいていただきたい、Web広告専門用語 超基本編
2019.06.05

クライアント様には知っておいていただきたい、Web広告専...

Latest Posts

更新する時間もないし、人もいない。どうすればいいの?
2019.06.17

更新する時間もないし、人もいない。どうすればいいの?

クライアント様には知っておいていただきたい、Web広告専門用語 超基本編
2019.06.05

クライアント様には知っておいていただきたい、Web広告専...

© ALIVE Co.,Ltd.