名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

4期連続赤字、70億の負債のある会社を1年で黒字、4年で負債を完済した経営とは?

2012/01/17 | 経営全般

はとバス元社長講演会

こんにちは!アライブ株式会社 代表取締役の三輪です。

昨日は高井会計さんが主催する講演会に行ってきました。
講師は、はとバスの元社長の宮端さんです。
4期連続で赤字のはとバスを1年で黒字化し、
70億の負債も完済したその極意を教えていただきました。

以下は心に響いた言葉です。

<経営の考え方>
・現状維持は破滅。

・環境の変化に対応できる人が一番強い人
・昨日、今日、明日に同じことをしていてはダメ

 

・初年度は死にものぐるいで結果を出せ
・経営方針を実行する。実行できないことが多いから、必ずする。
・経営者は、業績の悪化を辞めることで責任を取るのは良くない。業績を改善させることが責任。

・社長は社員と一緒に考え、怒り、泣き、笑え
・利益とお客様満足はイコールである
・CS(顧客満足)を上げるにはまずES(従業員満足)を上げていかなければならない

 

<お客様満足>
・お客様第一主義
・一客再来、リピーターが大事
・競合がライバルではなく、お客様がライバル。お客様を感動させ
・経費を削減していってもお客様サービスの質は下げるな
・不満に思っている6.8%がクレームを言うが93.2%言わずに去る
・100-1は99ではない。100-1=0になってしまう。
・はとバスはバス会社ではない「感動製造販売会社」
・はとバスにお金を払ってサービスを受けてみればお客様の気持ちがわかる
・クレームが起きたら「お礼」「お詫び」「お願い」のワンセットで。

<社内改革>
・トップがまず変わる。トップが変わらなければ社員は変わらない

・社員の意識改革に着手

・社員は会社での扱われ方で、お客様に接する

・社員は末端ではない、現場で頑張っているわけだから「先端」

 末端は社長。

・当たり前のことを3ヶ月継続する。社長がそれを率先して行う

・社長車、社長室廃止。社員と同じ目線になる。行動で示す

・肩書きで人を動かさない。人間性「リーダーシップ」で動かす。
・社員の本当の気持ちに応えることができるか?





東京都の公務員から社長になられた方なので、
いわゆる「しょうがなく社長」になった立場であり
そういった方々は「任期を満了すればいい、業績の悪化は自分のせいではない」と
思ってしまいがちですが、
宮端さんは不退転の気持ちで、はとバスの改革を断行しV字回復に導きました。
社長の出自は関係なく、「本人の想い」によって経営は成り立っていると感じました。
創業者だろうが、2代目だろうが、雇われ社長だろうが、
本人の熱い想いが会社を創り上げていくのだと思います。

僕もまだまだあまちゃんです。
70億の負債があったら諦めてしまうと思います。
もっともっと熱い想いで会社をブラッシュアップして、
社員もお客様も関わる方全てが幸せになるような会社を創り上げていきたいと思います。

宮端さんは本も出版されているので、ぜひ読んでみてください!

はとバスをV字回復させた社長の習慣

 


 

 

 

 

 

Latest Posts

制作する前にチェック!ホームページ制作の注意点
2019.05.18

制作する前にチェック!ホームページ制作の注意点

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて
2019.04.01

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて

Latest Posts

制作する前にチェック!ホームページ制作の注意点
2019.05.18

制作する前にチェック!ホームページ制作の注意点

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて
2019.04.01

Googleのコアアルゴリズムアップデートについて

© ALIVE Co.,Ltd.