名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

高齢者向けのチラシは、渋いトーンを中心に配置する

2013/04/02 | マーケティング全般

高齢者は渋めのトーンで

高齢者向けのチラシや販促物のデザインは、
渋いトーンを中心に配置すると良いといわれています。

渋いトーンを主体に配置すると、
穏やかで落ち着いた、高齢者にふさわしいイメージが表れるのです。

全体的に濁色を多くすると、穏やかさが増します。

濁色を主体にすると、明るく優しい穏やかさが表れ、
癒しのイメージが表現できます。

暗めの渋い濁色を多く取り入れると、
重厚で格調のある穏やかさが表現できます。

暗いトーンを使うと、明るいトーンとの明暗対比が強まり、
格調高いイメージが強まるのです。

純色などの鮮やかな色味は若者らしさをストレートに表すので
高齢者向けには向かないかもしれません。 

Latest Posts

AIを活用するにしても、今の中小企業には○○○が圧倒的に足りない
2020.01.20

AIを活用するにしても、今の中小企業には○○○が圧倒的に...

「未経験者が数ヶ月でデザイナーになれる」は本当?
2020.01.17

「未経験者が数ヶ月でデザイナーになれる」は本当?

Latest Posts

AIを活用するにしても、今の中小企業には○○○が圧倒的に足りない
2020.01.20

AIを活用するにしても、今の中小企業には○○○が圧倒的に...

「未経験者が数ヶ月でデザイナーになれる」は本当?
2020.01.17

「未経験者が数ヶ月でデザイナーになれる」は本当?

© ALIVE Co.,Ltd.