名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

時間と労力を大幅削減!クラウド型勤怠管理ツール

2020/08/31 | リモートワーク

大島 麻美

Writer大島 麻美

Publicity

はじめに

リモートワークの普及が急速に進んでいる中、リモートワークの導入がなかなか進まない企業の悩みの一つが、勤怠管理

リモートワークでは、従業員が終業後にどれだけ残業しているかなどが見えづらく、残業時間の制限や管理、有給休暇取得の義務化など、重要な経営課題が多いですよね。

 

そこで注目されているのが今回ご紹介する勤怠管理ツール

 

これらのツールは、従業員の出退勤を記録するだけでなく、残業が上限に達したり決められた数の休暇を所得していなかったりすると、アラートが出るという機能を持っています。

また、仕事の工程にどれだけの時間を掛けたかなどをグラフ表示されるなど、仕事の効率を見える化してくれるのもおすすめのポイントの一つです。

 

勤怠管理を行う経理・労務担当にとって、複数のシステムをバラバラに管理することはとても面倒です。

例えば、勤怠システムはA社、経理はB社、案件管理はExcel、といったように、それぞれバラバラではシステム毎に操作を覚えないといけないうえに、連動も大変です。

 

 

クラウド上で労働時間をリアルタイムで把握・一括管理でき、生産性の向上に役立つ「クラウド型勤怠管理ツール」は、今後ますます柔軟な働き方を支援してくれるのではないでしょうか。

今回は、弊社でも導入した2つとおすすめのツールをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

Team Spirit

 

Team Spiritでの勤怠管理なら、パソコンやスマホアプリでの打刻をはじめ、働く時間帯が異なる部署やスタッフの複雑な働き方にも対応しているため、個人の労働時間をリアルタイムで把握することができます。

クラウド上で確認できるので、リモートワークで離れた場所での打刻や労働時間の管理も楽々です。

 

Team Spiritのおすすめポイント

多彩な打刻方法でリアルタイムに管理

工数管理によって生産性の向上

 経費精算や休暇届などの電子申請も可能

■ Webブラウザやスマホのほか、ICカードリーダーやオフィスの入退館システムとも連携可能

 

Team Spiriの3つの特徴


1、勤怠管理・経費精算・工数管理など、複数の業務を一括管理


まず、これまで別々のシステムなどで管理を行っていた作業が、一括管理できるのは大きな時間と労力の削減になりますね。

システムが異なれば集計のやり方も違うので、それぞれの作業に対して地味に時間がかかります。

年間で見てみると大きく時間を損失していたということも。

チームスピリットなら1つのシステムで運用できるので業務の効率化を図れるのはもちろん、スマホやタブレットにも対応しているので、場所を選ぶことなくリモートでも勤怠管理等行うことができます。

 


2、従業員ごとのデータを蓄積し分析を行える


チームスピリットでは、従業員が各自どれだけ働いたか、どの工程にどれだけの時間を要したかなど、細かくデータを蓄積・管理することができます。

それらのデータをグラフ化して可視化することで、作業効率の見直しや生産性のアップに繋げることができます。

弊社では個人でも自分の作業効率を画面上で確認することもできますし、チームリーダーがメンバーの工数チェックなども行って業務改善を行っています。

 


3、拡張性が高くSalesforceと連動でさらに仕事を効率化


チームスピリットは、実績豊富なSalesforce.com社のアプリケーションなので、安心安全はもちろんのこと、拡張性にも優れています。

チームスピリットとSalesforceを連動させることで、原価管理などをスピード感を持って進められたり、営業にかかった経費計算などスムーズに管理することができます。

 

 

 

ジョブカン

 

ジョブカンの勤怠管理が搭載する機能で優れているのが、シフト管理機能。

複雑なシフトにも対応しているのがポイントで、直感的な操作画面なので申請するスタッフもシフトを組む管理者も、扱いやすいのが特徴。

飲食店やサービス業、医療業界など様々な業界が導入しており、スマホやGPS打刻といった多彩な打刻方法も魅力の一つです。

 

ジョブカンのおすすめポイント

複雑な働き方に対応するシフト管理

GPS打刻など多彩な打刻方法

「採用管理」や「給与計算」など他のジョブカンシリーズと連携できる

 

ジョブカンの3つの特徴


1、とにかく多彩な打刻方法


ジョブカンはとにかく打刻方法が多彩。

例えばICカード打刻、LINE打刻、Slack打刻、GPS打刻、モバイル打刻、指静脈打刻などがあり、自社に適した打刻方法を選択することができます。

もちろんスマホやタブレットなどマルチデバイスに対応しているので、どこからでも打刻することができます。

また、GPS打刻では位置と時間を同時に記録できるので、外回りの多い営業の方でも簡単に手間なく打刻することができます。

指紋を使った生体認証を使えば、不正打刻をなくすことができますし、自分に合った打刻方法を選べることから打刻忘れが減ったという事例もあるようです。

 


2、便利な集計機能を搭載で毎月の集計が楽になる


従来のタイムカードでの打刻は、人の手で一枚一枚集計を行い、従業員数の多い企業では大変な作業です。管理者にとっては大きな負担ですよね。

しかし、ジョブカンには便利な集計機能が備わっており、労働時間・休暇日数などを自動で計測してくれます。

また、長時間労働を一目で見つけることもできるので、長時間労働の蔓延化を防ぎ、残業管理にも役立ちます。

 


3、シフト管理機能が充実


ジョブカンのシフト管理機能では、従業員のシフトをジョブカン上に登録することができます。

シフトを登録すると、従業員の出勤状況に合わせて管理され、シフト通りに出勤したかを画面上で確認することができます。

その他にも、LINEでシフト確認を行えたり、確定したシフトの共有、シフトの希望日の提出を従業員に促すメールの送信など、様々な機能を搭載しています。

 

 

 

その他おすすめの勤怠管理ツール10選

その他にも勤怠ツールは多々あります。

数あるツールのうち、おすすめのツールをご紹介したいと思います。

価格や機能などを比較検討し、自社の運営にあったツールを探してみてくださいね!

 

 

AKASHI

AKASHIは、勤怠管理で必要な打刻、出勤簿、申請フォーム、アラート機能、申請通知、スケジュール作成などの機能が多数用意されており、シンプルかつ使いやすい設計となっています。どなたでも簡単に使いこなすことができるのがメリットです。

 

公式サイトはこちら https://ak4.jp/

 

clouza

リアルタイムで勤怠管理ができ、一目で勤怠データが確認できるシンプルな機能がうれしいところ。

初期費用・基本料金がなく、完全従量課金制です。マルチデバイス対応なので、在宅勤務や出張先でも打刻が可能。もちろん管理者も外出先から勤怠状況を確認することができます。

 

公式サイトはこちら https://clouza.jp/

 

人事労務free(フリー)

人事労務freeは、勤怠管理と連携して給与計算もできます。

事前に登録した就業規則に沿って計算されるので、ミスが起こりづらいのが特徴。

また、休日出勤や法定内残業も自動で計算してくれるので、労務担当者の負担を大幅に減らしてくれるツールです。

 

公式サイトはこちら https://www.freee.co.jp/hr/index3.html?utm_expid=.ZBhDZFn4QveEF2Jph1xkYA.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F

 

IEYASU勤怠管理

IEYASU勤怠管理は、打刻データと勤務データを別々に管理することが可能です。

交通ICカードや社員証をスマートフォンにかざすだけで打刻できる機能など様々な打刻が可能なほか、レポート機能や日報機能など労働の生産性を助ける機能など、様々な機能を搭載しています。

 

公式サイトはこちら https://www.ieyasu.co/

 

jinjer

jinjerは、従業員全員の打刻データを自動で集計してくれるほか、リアルタイムで一人一人の状況を確認できます。

また、シフト作成も楽にできるのがメリットの一つ。シフトは日/月単位で作成することができ、様々なパターンで設定することもできます。

 

公式サイトはこちら https://hcm-jinjer.com/kintai/

 

KING OF TIME

市場シェア、認知度、顧客満足度NO.1の直感的に使えるソフトKING OF TIME。

生体認証や顔認証など前15種類もの打刻方法が用意されており、必要な端末は公式サイトで販売も行っています。

最新のセキュリティシステムを完備しデータを保管。初めての導入でも安心なサポート体制を兼ね備えています。

 

公式サイトはこちら https://www.kingtime.jp/

 

Touch On Time

タッチオンタイムは勤怠管理に特化したシステムです。

そのため必要な機能は全て兼ね備えており、高機能だけれど操作しやすいのが特徴。

会社ごとに異なる就業ルールにも対応できるよう、自社のスタイルに合わせて機能をカスタムすることができます。

無料のサポート体制も充実、30日間の無料トライアルもあります。

 

公式サイトはこちら https://www.kintaisystem.com/

 

マネーフォワードクラウド勤怠

徹底した打刻はもちろんのこと、通常勤務、シフト制・パートタイムなど、あらゆる雇用形態に対応できます。

また、決められてた時間外の打刻や休日出勤など、意図しない出退勤に応じてアラートを出すことが可能。

操作しやすいUXデザインに、簡単操作で行える初期設定など、初めて導入を考える方におすすめかと思います。

 

公式サイトはこちら https://biz.moneyforward.com/attendance

 

RecoRu

RecoRuはリーズナブルなのにシンプルで使いやすいと、業界でも注目を浴びているツールの一つ。

必要な機能は概ね搭載されており、初期設定も簡単なのですぐに始めることができます。

勤怠管理サービスを長年運用する中央システム株式会社が提供しているサービスなので、長年のノウハウが詰め込まれていると言えるでしょう。

 

公式サイトはこちら https://www.recoru.in/

 

就業奉行11

企業の業務をクラウド化で効率化を図る奉行シリーズ、そのうちの一つである就業奉行11。

どこにいても申請・承認ができ出退勤管理や残業の管理が可能。

複雑な勤務体制への対応し、午前・午後で1日に2回以上勤務のあるような場合でも柔軟に対応できるのが魅力。

未消化公休日数や有給残日数なども自動計算されますので管理が非常に楽になります。

 

公式サイトはこちら https://www.obc.co.jp/bugyo/shugyo

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

働き方が大幅に変化してきて、紙のタイムカードが必要とされない、自動で集計、自動で管理が当たり前の世の中になってきましたね。

 

今後は、時代のニーズに合った勤怠管理システムの導入が重要視されるのではないでしょうか。

働き方が多様化するに伴って、それを管理する労務担当の負担は大きくなるばかり。

業務の効率化や負担軽減のためにも、こうした勤怠管理ツールをうまく活用して、より効率よく業務を回せる仕組み作りをしていきたいところですね。

 

働き方を可視化することで社内共有できるなど、業務改善にも役立ちそうです。

 

大島 麻美

Writer大島 麻美

Publicity ブログ プロフィール

創業して間もないアライブ初期メンバーの一人。代表である三輪と音楽を通じて知り合い入社。アパレル事業であるボクサーパンツブランドの運営を任される。そこで売上管理・マーケティング・販促計画など、管理者としてのスキルを磨く。その後、代表・三輪の右腕として仕事のいろはを学び、ディレクターを経て広報担当へ。産休を終えて復帰後、自社サイトのブログ執筆活動など主にライターとしての役割を担う。

創業して間もないアライブ初期メンバーの一人。代表である三輪と音楽を通じて知り合い入社。アパレル事業であるボクサーパンツブランドの運営を任される。そこで売上管理・マーケティング・販促計画など、管理者としてのスキルを磨く。その後、代表・三輪の右腕として仕事のいろはを学び、ディレクターを経て広報担当へ。産休を終えて復帰後、自社サイトのブログ執筆活動など主にライターとしての役割を担う。

Latest Posts

【Pardot Winter '21アップデート情報】新しい メールエディターが使えるようになります!
2020.09.28

【Pardot Winter '21アップデート情報】新...

企業にとってのホームページの役割と運用目的を再確認しよう!
2020.09.23

企業にとってのホームページの役割と運用目的を再確認しよう...

Latest Posts

【Pardot Winter '21アップデート情報】新しい メールエディターが使えるようになります!
2020.09.28

【Pardot Winter '21アップデート情報】新...

企業にとってのホームページの役割と運用目的を再確認しよう!
2020.09.23

企業にとってのホームページの役割と運用目的を再確認しよう...

© ALIVE Co.,Ltd.