名古屋のWebマーケティング企業「アライブ株式会社」のマーケティングブログ

052-684-5558

Marketing Blog マーケティングブログ

ZoomとPardotの連携はどうすれば良い?2つの方法をご紹介!

2021/05/11 | Pardot設定・アップデート

清水 美帆

Writer清水 美帆

Web Marketer

はじめに

こんにちは、Webマーケティングチームの清水です。

 

多くの企業で使用されているZoomウェビナーは、Pardotとの連携を行うことも可能です

ZoomPardotを連携すると、さまざまなメリットがあります。

 

今回は、そんなZoomとPardotの連携についてお伝えしたいと思います。

 

 

ZoomとPardotを連携することで得られるメリット

① ウェビナー登録者のデータがPardotへ入る

連携することでzoomウェビナーの登録者データがPardotへ入るため、営業担当はすぐに登録者のフォローにはいる事ができます。

また、マーケティングチームはナーチャリングメールでのアプローチを始める事ができます。

 

② Pardotでウェビナー登録者のトラッキングが出来る

Pardotでアクティビティーが見られるようになり、スコアリングにも役立ちます。

 


▼おすすめのウェビナーツールについてはこちらをご覧ください。

https://alive-web.co.jp/blog/recommended-webinar-tools/

▼Webコミュニケーションのコツについてはこちらをご覧ください。

https://alive-web.co.jp/blogcat/zoom/


 

 

Zoomフォームを利用する場合のメリット・デメリット

 

さて連携についてですが、この2つの方法が使用できます。

 

・Zoomフォームを利用する場合

・Pardotフォームを利用する場合

 

どの様なメリット・デメリットがあるのか、見ていきましょう!

 

 

Zoomフォームを利用する場合の「メリット」

 

① フォームが作りやすい

② 登録・参加・欠席のデータがそれぞれPardotに入る
ウェビナーに登録した人は誰か、また登録者が参加したのか欠席したのかを分けておく事で、Pardotでのステップメール・スコアリング・通知メール・Salesforceの連携などで細かい設定を行う事が出来ます。

③登録者へのリマインダーメールはZoomから送信される
リマインダーメールの設定をする必要がないので、とても楽です。

 

 

 

 

Zoomフォームを利用する場合の「デメリット」

では、デメリットはどうでしょう・・・

 

① フォームを好みのデザインやスタイルに変えることは難しい
ロゴ・バナー・色などの変更は可能ですが、カスタマイズの幅は狭いので、ブランディングに沿うフォームの作成ができません。

 

② 新しい見込み客のトラッキングがすぐに出来ない
Pardotでトラッキングをするには、メールアドレスとクッキーの紐付けが必要です。しかし、Zoomのフォームにはクッキーが埋め込めないため、Pardotにはデータが入りますがトラッキングは開始できません。

Pardotよりメールを送信して、クッキーの紐付けが必要です。

 

 

Pardotフォームを利用する場合のメリット・デメリット

Pardotフォームを利用する場合の「メリット」

 

① フォームを、お好みのスタイルとデザインにできる
Zoomのフォームだと、スタイルやデザインを変更する事が難しいため、ブランディングに沿ったフォームを作成することは難しいです。しかし、Pardotのフォームなら、HTML編集でお望みの通りに変更する事ができます。

 

② 新たな見込み客のトラッキングがすぐに可能
Pardotのフォームにはクッキーを埋め込む事ができるので、登録と同時にクッキーが紐づきトラッキングもすぐに開始されます。

 

Pardotフォームを利用する場合の「デメリット」

 

① 登録者の参加・欠席のデータは手動で設定しなければいけない
自動でデータが入らないため、ウェビナー終了後にZoomから参加者データをエクスポートして、Pardotにインポートする必要があります。

 


 

今回ご紹介する内容は、PDFでもご覧いただくことが可能です。

ページ下部より資料をダウンロードください。

 

 

 

 

連携方法の説明①:Zoomフォームの設定方法

さて、連携方法についてご説明します。

連携方法は主に「2つ」

・Zoomフォームを利用する場合

・Pardotフォームを利用する場合

まずはzoomフォームの設定方法からご説明します!

 

設定にあたって、事前にZoomウェビナーライセンスの取得が必要です。

▼Zoomウェビナーライセンスはこちらからご購入いただけます。
https://zoom.us/pricing/webinar

 

1、Zoom MarketplaceよりPardot連携アプリをダウンロード

こちらより、アプリをインストールしてください。

https://marketplace.zoom.us/apps/FXW6cSzQSaW8LaGMDeVSKw

 

2、Zoomで登録ページ有のウェビナーを作成

 

3、Sales Cloudでキャンペーンを作成

親キャンペーンと、子キャンペーン(登録・参加)の3つを作成します。

 

4、Pardotでリストを作成

登録リスト参加リスト欠席リストを作ります。

登録者は、まず「登録リスト」に入り、ウェビナーに参加したか欠席したかで「参加リスト」または「欠席リスト」へ入ります。

 

5、Pardotでフォームハンドラーを作成

2種類(登録・参加)のフォームハンドラーを作成します。

フォームハンドラーを作成する事で、登録者をキャンペーンと紐づける事ができま
す。

 

まずは、「登録」のフォームハンドラーを作成しましょう。

 

先ほどSales Cloudで作成した、登録のキャンペーンを選択します。

キオスクモード」 「成功した場所へのデータ転送を有効化」 にチェックを入れてください。

 

6、完了アクションの設定

1、登録者用に作成したリストを選択します。

2、Sales Cloudで作成した登録者用のキャンペーンを選択します。

3、ユーザに割り当てで担当者を設定します。
※このアクションでSales Cloudと同期する事が可能になります。

ZoomとPardotのフォーム項目をマッピングさせます。

ZoomとPardotの項目のマッピングについては、こちらのサイトでご確認いただけます。
https://zoomappdocs.docs.stoplight.io/pardot

 

もうひとつの「参加」のフォームハンドラーは、

「登録」のフォームハンドラーをコピーして作成します

コピーしたフォームハンドラーでは、名前と完了アクションにあるリスト・CRMキャンペーンにのみ変更を加えます。

1、参加者用に作成したリストを選択します。

2、Sales Cloudで作成した参加者用のキャンペーンを選択します。

 

7、ZoomとPardotの連携

① Zoomのウェビナー設定より「リストからPardotで見込み客を作成」を設定します

 

1、Registration ListにPardotで作成した「登録リスト」を選択します。

2、Attendee List に「参加リスト」を選択します。

3、Absentee List に「欠席リスト」を選択します。

 

 

②「Form HandlerからPardotで見込み客を生成」を設定します。

 

Pardotで作成した2つのフォームハンドラーのURLを記入します。

 

 

フォームハンドラーのURLは、Pardotで作成したフォームハンドラーの「エンドポイントURL」から見る事ができます。

 

URL頭には「https://go.pardot.com/ 」を使用する必要があるため、エンドポイントURLはドメイン後の部分のみコピーしてください。

 

これで登録者のデータは、Pardotのフォームハンドラー・リスト・Salesforceキャンペーンに入るようになりました。

 

 

連携方法の説明②:Pardotフォームの設定方法

こちらも設定にあたって、Zoomウェビナーライセンスが必要です。

▼Zoomウェビナーライセンスはこちらからご購入いただけます。
https://zoom.us/pricing/webinar

 

1、登録ページ無しのZoomウェビナーを作成

 

2、Sales Cloudでキャンペーンを作成

 

3、Pardotでリストを作成

 

4、Pardotでフォームを作成

先ほど作成したキャンペーンを選択します。

フォーム項目を編集します。

デザインのテンプレートを選択します。

フォーム登録時に、画面上に表示されるお礼メッセージを作成します。

 

これはお礼メッセージの例です。

自動送信メールを送ることも可能です。

完了アクションを設定します。

 

1、先ほど作成したリストを選択します。

2、先ほどSales Cloudで作成したキャンペーンを選択します。

3、メールテンプレートを選択します。

4、ユーザに割り当ての完了アクションを行う事でSales Cloudと同期させる事が可能です。

 

5、ランディングページを作成

作成したフォームを選択します。

 

コンテンツレイアウトを選択し、コンテンツを編集します。

各ブロック・画像をクリックすることで、文章や画像の編集ができます。

 

 

 

これで、ランディングページとフォームが完成しました。

 

6、ウェビナー終了後、Zoomから参加者データをエクスポートしPardotへインポート

 

Zoomのプロフィールページより参加者レポートへアクセスし、csvレポートを作成します。

▼プロフィールページはこちらです。
https://zoom.us/profile


こちら➡︎| 管理者 > アカウント設定 > レポート > ウェビナー


Pardotに、書き出したcsvレポートをインポートします。


こちら➡︎| 管理 > インポート > プロスペクト


 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ウェビナーで獲得したい登録者が新しい見込み客の方は、Pardotフォームの利用がおすすめです

フォームにクッキーを埋め込む事ができるので、トラッキングができます。

 

また、フォーム・ランディングページのデザインをお好みで設定したい場合にも、自由にカスタマイズできるPardotフォームの利用がおすすめです。

 

とにかく簡単・楽にフォームを設定したい方は、Zoomフォームの利用がおすすめです。

 

「設定が難しい」

「やりたいけど、ちょっと操作がわからない」

「説明を読んだけど、いまいちよく理解できない」

 

そんな方はぜひ弊社へご相談いただければと思います。

どちらの連携も、弊社の専門スタッフがしっかりサポートさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

今回ご紹介した内容は、PDFでダウンロードしていただくこともできます

▼PDFはこちら

清水 美帆

Writer清水 美帆

Web Marketer ブログ プロフィール

高校を卒業後、マレーシアの大学へ進学。日本人が入学した事のない大学であったため、重宝され日本語の授業に招かれサブ講師をした。

自身の海外進学を綴ったブログを通して、どうしたら届けたい人の元へ情報が届くのかということに興味を持ち、情報を人の元へと届けるマーケティングの面白さに気が付く。コロナパンデミックの影響を受け大学を中退後、アライブの社員に惹かれ入社。

本質的な価値を届けることができるマーケターを目指す。

【保有資格】
・Salesforce Pardotスペシャリスト

高校を卒業後、マレーシアの大学へ進学。日本人が入学した事のない大学であったため、重宝され日本語の授業に招かれサブ講師をした。

自身の海外進学を綴ったブログを通して、どうしたら届けたい人の元へ情報が届くのかということに興味を持ち、情報を人の元へと届けるマーケティングの面白さに気が付く。コロナパンデミックの影響を受け大学を中退後、アライブの社員に惹かれ入社。

本質的な価値を届けることができるマーケターを目指す。

【保有資格】
・Salesforce Pardotスペシャリスト

Latest Posts

PC仕事の人は絶対に使うべき!仕事の生産性を格段とアップさせる業務効率UPツール10選
2021.06.25

PC仕事の人は絶対に使うべき!仕事の生産性を格段とアップ...

大坂靖彦氏の40年に渡る経営のイロハを学んだアライブ。その劇的変化を社員の目線で伝えます!
2021.06.15

大坂靖彦氏の40年に渡る経営のイロハを学んだアライブ。そ...

Latest Posts

PC仕事の人は絶対に使うべき!仕事の生産性を格段とアップさせる業務効率UPツール10選
2021.06.25

PC仕事の人は絶対に使うべき!仕事の生産性を格段とアップ...

大坂靖彦氏の40年に渡る経営のイロハを学んだアライブ。その劇的変化を社員の目線で伝えます!
2021.06.15

大坂靖彦氏の40年に渡る経営のイロハを学んだアライブ。そ...

© ALIVE Co.,Ltd.